ページ内を移動するためのリンクです。

大船渡ユネスコ協会会長からのお手紙

terao.JPG
寺尾です。

ブログでご紹介しました津波防災学習資料「津波はいつかまた来る」を制作しました
大船渡ユネスコ協会佐々木会長からお手紙が届きました。

 「大寒が来て寒さが一段と厳しさを増しました。しかし 太陽の光が1日ごとに明るく、強くなってきており、春の近いことを知らせてくれております。

 この度の東日本大震災では大船渡市も、歴史上にない大きな被害を受けました。また ユネスコ会員の約40%が被害に遭い、溺死者が2名でました。私は会長として一時は呆然としました。とりあえず激励の手紙を出し、流されずに残っている家には、名刺を貼り付けて歩きました。改築したばかりの婚礼施設『まるしち』は、チリ地震津波に続いて二度目の被災で、鉄骨だけが残っていました。

 2ヶ月ほど経って会員に会ったところ、『激励の気持ちは届いています』 と言ってみなさんから頂いた手紙を高く掲げて見せてくれました。そしていま必要なのは、思いやりの言葉、励ましの言葉をかけることと、苦しい心を聴くことだと気づきました。世界各地からの支援で、町は少しずつ元気をとりもどしてきております。

 このような中で大船渡ユネスコ協会が、何か活動が出来ないかと考えました。そして防災教育は低年齢のときから始めるべきだという本に接し、小・中学校の図書館で読めるものを作る決意をしました。

 それが日本テトラパック社のご好意を受け、助成金をいただいてこの本を世に送り出すことが出来ました。本当に有難うございました。心からお礼を申し上げます。
 なにしろ津波についての知識がない素人が本を作るものですから、プロの編集長さんにご指導をいただき、添削を繰り返して受けながら、苦戦の連続でした。

 当初の予定では2,000部の発行予定でしたが、噂を聞いて発行前から、購入の申し込みがあり、3,000部印刷しました。私たちの防災教育普及の活動は、今始まったばかりです。教育委員会への働きかけ次第では、最終的には、5,000部に漕ぎ着けたら大成功だと考えております。

 第3章の防災教育の実践は内容が豊で、教職員のテキストとして使うことを考えている学校もあります。我々には発行した後の仕事が残っています。」
 
 被災直後の佐々木会長のメッセージは以下をご覧ください。





関連記事

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま