ページ内を移動するためのリンクです。

学校ときどき病院

kamoshida.JPG

こんにちは。ネパール担当の鴨志田です。

ここは、マドバニ寺子屋。2009年にネパール政府から「ベスト寺子屋」認定を受け、今年3月には世界寺子屋運動広報特使「まなびゲーター」である久保純子さんが訪問した寺子屋です。

  今回はこの寺子屋で実施されている2ヶ月に1度の巡回医療診断(ヘルスキャンプ)をご紹介します。ルンビニにある全12軒の寺子屋で「一杯のスプーン」活動の一環として同様の医療活動を行っています。

1209_clinic.jpg 

普段は小学生クラスや会議などで使われている寺子屋の教室が、診察室と薬局に早変わり。設備の整った病院のない村では、このような「一日診療所」が地域の人びとに大人気。この日は130人以上が受診し、薬も無料でもらうことができました。

 1209_clinic children.jpg

 担当のマリック先生によると、「風邪、気管支炎、おでき、関節痛などで受診する人が多い」とのこと。家が近い人は5分。遠い人は30分も寺子屋まで歩いてきます。子どもが自分の妹や弟を連れてくることもあります。 

1209_medicine.jpg

 「毎月このような診断をしてほしい」と寺子屋に来た人びとから熱い期待を受けている活動です。

関連記事

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま