ページ内を移動するためのリンクです。

販路を拡大中 ~バック作りに奮闘するチョンクニアの女性たち~

 

kimura.JPG

こんにちは。木村です。7月1日号のブログで紹介したチョンクニアの寺子屋製品、布袋葵(ホテイアオイ)バック。カンボジアでは乾季に突入したため、雨が滅多に降らなくなり、ホテイアオイ製品を作る村の女性たちにとっては、作業のしやすい季節になりました。ここのところ、チョンクニアでは、1度に200個のバック生産という大量発注を受けたため、寺子屋製品を作るグループメンバーたちは、昼夜寝る間も惜しんで、作業に勤しんでいます。

 

1215_Cambodia1.JPG 

 「子どもを見ながら作業に取り組めるのがこの仕事のいいところ」とソンバットさん 

 200個という受注数を決められた期限内にこなすには、原材料であるホテイアオイが大量に必要です。女性たちは、湖からのホテイアオイ採取、茎カット、乾燥、編み上げ、品質チェックといった一連の作業を分担し、また全体の作業スケジュールを作ることによって、管理をしっかり行いました。

 

1215_Cambodia2.JPG 

            ホテイアオイの茎(原材料)を天日干し中

先日、カンボジア事務所に作りたてのホテイアオイバックが届きました。完成品を手にしているのは、収入向上事業を担当するソピャップ職員です。

 

1215_Cambodia3.JPG

   事務所に届けられた完成品バックたち(カンボジア国旗のストラップ付き)

事務所の他のメンバーたちも、寺子屋製品の種類が豊富になり、質も上がってきていることを実感し、誇らしげ。近い将来、カンボジア事務所の職員たちもブログを開始しますので、より頻繁にニュースをお届けできると思います。お楽しみに!

1215_Cambodia4.JPG

      ~寺子屋製品を手に~ カンボジア事務所のスタッフたち 

関連記事

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま