ページ内を移動するためのリンクです。

世界遺産詳細

古都京都の文化財

古都京都の文化財

所在地 京都府・滋賀県
分類 文化遺産
登録年 1994年
遺産名 Historic Monuments of Ancient Kyoto(Kyoto,Uji and Otsu Cities)
具体的な物件 賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)、教王護国寺(きょうおうごこくじ)、清水寺(きよみずでら)、延暦寺(えんりゃくじ)、
醍醐寺(だいごじ)、仁和寺(にんなじ)、平等院(びょうどういん)、宇治上神社(うじがみじんじゃ)、高山寺(こうざんじ)、西芳寺(さいほうじ)、天龍寺(てんりゅうじ)、
鹿苑寺(ろくおんじ)、慈照寺(じしょうじ)、龍安寺(りょうあんじ)、本願寺(ほんがんじ)、二条城(にじょうじょう)

平安から江戸までの歴史と文化を伝える千年の都

794年の平安京建都から明治維新後に東京に首都が移転されるまで、京都は日本の都として貴族、武士、王朝が築いた時代の舞台となったところです。古都京都には、それぞれの時代の文化を示す文化財が数多く残されています。

1000年を超える歴史を映し出す2000件を超える文化財を代表して、16社寺と1城が世界遺産に登録されました。

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま