ページ内を移動するためのリンクです。

アンコール遺跡バイヨン寺院 彫像修復プロジェクト スタート!



angkor_1116.jpg40年前の今日、「世界遺産条約」が採択されました。国の枠を越えて、文化遺産や自然遺産を人類共通のたからものとして守り、伝えていこうという約束です。

これまでに、全世界で1000件近くの世界遺産が登録され、訪れてみたい観光地として世界中の人びとを魅了しています。ところが、憧れの世界遺産ではありますが、守り伝えていくための課題についてはあまり知られていません。

そこで、日本ユネスコ協会連盟は、世界遺産を守り、伝えることを学び、協力するために、日本人にも親しみの深いカンボジアのアンコール遺跡でバイヨン寺院「シンハ像・ナーガ像」修復プロジェクトを始めます。angkor2_1116.jpg

内戦後の復興から20年目を迎えたカンボジアは、治安も安定し、世界的な観光地へと発展しています。しかしその一方で、アンコール遺跡保護のための資金や人材が不足しています。

今回修復するバイヨン寺院の「シンハ(獅子)像・ナーガ(ヘビ)像」は、崩落や破損という危機的な状況にあり、このまま放っておくと後世に伝えることが出来ません。仏教国として親しみのあるカンボジアのアンコール遺跡を、皆さまの温かいご寄附により、守り、伝えていきたいと思います。

ご寄附の印として、修復終了後に銘板を設置し、アンコール遺跡の地に皆さまのお名前を刻みます。 ご協力よろしくお願いします。

 

【概要】

NAGA_1116.JPG修復対象:バイヨン寺院の外回廊のシンハ像・ナーガ像
◆修復内容:劣化・崩落を防ぐための補強および補填/崩落・散乱した彫像の修復および復位

◆修復期間:2012年~2014年(第1期)、2014~2016年(第2期)

※ 活動の報告は、毎年6月頃を目処にお送りさせていただきます。
※ 事業終了後は、銘板も含め、アンコール遺跡全体がカンボジア政府の管理下となります。

 【ご寄附方法】
ご寄附いただいた方のお名前を刻んだ銘板をバイヨン寺院近郊に設置させていただきます。

①一口5万円
記念品(ミニチュアのシンハ像かナーガ像)の贈呈と銘板へお名前(横10cm×縦2.5cm)を記載させていただきます。

②一口1万円
銘板へお名前(横7.5cm×縦1.5cm)を記載させていただきます。

お近くの郵便局より下記の口座へお振込みください。

口座番号:00120-5-614933   加入者名:SOSアジア世界遺産
なお、通信欄には次の事項を必ずご記入ください。
・お名前・ご住所・連絡先電話番号・e-mailアドレス
・ご寄附金額および口数(一口1万円もしくは一口5万円のいずれか)
・銘板に記載する氏名をローマ字表記(大文字)でご記入ください。(一口につき1名)

 

【お問い合わせ先】
日本ユネスコ協会連盟 TEL:03-5424-1121  angkor@unesco.or.jp


 

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま