ページ内を移動するためのリンクです。

未来遺産運動

活動内容

100年後の日本に、残したい自然がある。伝えたい文化がある。

どんなに小さなものでも、地域の人が守りたい、と願う思いをたどっていくと、必ず大切な日本の姿が見えてきます。

日本の自然、歴史、伝統が受け継がれていくためには、現代を生きる人間の努力が必要です。

地域の努力に手を差し伸べ、参画することで、日本の保全活動を長く継続させることができます。その一つひとつの試みが、日本の資源の消失や崩壊を防ぐことにつながり、日本独特の文化と自然を100年後の未来に引き継いでいくことになります。そして、つなげたいという真剣な思いは、未来を生きる子どもたちにも受け継がれます。

未来遺産運動

100年後の子どもたちに長い歴史と伝統のもとで豊かに培われてきた地域の文化・自然遺産を伝えるための運動です。

民間ユネスコ運動は、ユネスコ憲章の精神に則り、戦争に反対し、豊かで魅力的な地域づくりに貢献することによって社会の安定と発展を願い、それがひいては世界平和につながることを目指して活動しています。
しかし、グローバル化が世界規模で加速する中、より緊密な地球社会が実現する一方で、テロや世界的経済不況などの亀裂も入り、明るい未来への展望が失われつつあります。日本の地域社会も過疎化や少子高齢化の波に見舞われ、元気をなくしかけています。何よりも、長い歴史を超えて引き継がれてきた豊かな文化・自然遺産が急速に損なわれ、継承の危機に瀕しているものも数多くあります。
「未来遺産運動」は、長い歴史を超えて人々が紡ぎ続けてきた文化遺産や、自然とともに生きる知恵や工夫の中でつくりあげてきた自然遺産という豊かな贈り物に光を当て、それらを未来に伝えていこうという人々の意欲を活性化させることによって時代を切り拓いていくことを目的としています。

■ 地域の文化・自然遺産を未来に伝える市民の活動を応援する「プロジェクト未来遺産」

問題点や理由
  • 日本のよさは、世界遺産だけではなく、自分たちの身の回りに素晴らしい自然や文化がある。
  • 年々、稀有になっていく日本の里地、里山などの自然や伝統行事などの文化。
  • 過疎化が進んで、無形文化を受け継ぐ人がいない。
  • 侵略的外来種の拡散、開発などで自然が失われてゆく。
  • そうした地域の自然や文化を受け継ぐためにがんばっている人たちがいる。
プロジェクト未来遺産 日本の豊かな生態系を守り、日本文化を残す活動を選ぶ。

全国から地域の文化・自然遺産を未来に伝える市民活動を公募し、未来遺産委員会の厳正な審査を経て「プロジェクト未来遺産」として登録。その活動を応援していく事業です。

■登録によって

  • 人々が各地の日本の良さに気づく。
  • プロジェクトが注目されるとともに、活動を応援してくれる人が増える。企業等様々な協力の手が差し伸べられる。
  • 活動が地域住民を中心に認知され、支援も増え持続可能になる。

事業体制図

  • ※2016年3月現在

【特別協力】
東日本旅客鉄道株式会社、レクサス、住友ゴム工業株式会社

【後援】
読売新聞社
総務省、環境省、観光庁、日本ユネスコ国内委員会、
公益社団法人 経済同友会、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟、全国地方新聞社連合会

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま