学校とユネスコ

成田ユネスコ協会では、子どもの平和教育・国際理解教育を推進するため積極的に学校との連携を図っています。

学習への協力

★「国際理解教育」「世界寺子屋運動」「ユネスコ世界遺産」などのテーマで学習を実施する際に、講師の派遣や、資料提供などを実施しています。(学校以外でも、ロータリークラブ、有志の国際理解研究会などに講師派遣・資料提供を致しております。)
★国際理解教育などをすすめるうえで大いに役立つ、パネル教材、ビデオ教材などの学習用教材(日本ユネスコ協会連盟作成)の貸出をあっせんしています。

世界寺子屋運動での取り組み

★書きそんじハガキ回収を通して子どもたちが世界平和やユネスコ活動への理解を深めることができるよう、毎年、学校に対しご協力をお願いしています。
★ご協力をいただいた学校には、翌年度、日本ユネスコ協会連盟からの感謝状をお届けして、更なるご協力をお願いしています。

国際理解・交流での取り組み

★当協会の国際交流事業日本の香りをあなたにに国際都市成田の子どもたちにアシスタントとして参加してもらうことにより、外国人との触れ合いと日本の文化、外国の文化への関心を高める機会となり、国際理解教育の一助に資したいと考えて、年1回、子どもたちの夏休み期間にあわせて実施しています。

子ども国際文化交流教室

夏休みも後半にさしかかった8月17日、成田市観光館で毎年恒例の「子ども国際文化交流教室」を行いました。

成田市内の小学生が成田を訪れた外国人観光客に折鶴を教えたり、一緒に茶道、お琴、生け花、書道などの日本文化を体験しました。

小学生たちは最初は緊張の表情でしたが、徐々に外国の方と自然と打ち解けられ、楽しんでいる様子でした。

事前に英語の講習を受ける小学生たち。熱心に英会話練習をしています。

茶道を体験。

真剣な様子です。

お琴を教わる外国の方。

折鶴を教える女の子。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-07 (火) 00:00:00 (2564d)