* InterWiki [#teeaa78d]
InterWiki は、[[PukiWiki]] と 他のサーバーを接続する機能です。
* 研修会・講演会 [#zd626764]
ユネスコ活動に関するさまざまな講演会や研修会を実施しています 

[[InterWikiName]] のページでサーバー名を定義しています。
** 2002(平成14)年度 [#f41b812c]

#contents
【2002(平成14)年5月16日】
■テーマ 総合的な学習への協力 
■講師 市川市ユネスコ協会 会長 畝本昌介 氏、事務局長 吉崎晴子 氏、副会長 沼倉啓子 氏 
■内容 「総合的な学習」等で学校支援の体制を整えるため、学校との連携に成果をあげている市川ユネスコ協会の活動に学ぶ研修

** [[InterWiki]]へのアクセス(InterWikiNameの生成) [#nb5bafb9]
サーバリストにある サーバ名:WikiName を[[BracketName]]で作れば[[InterWikiName]]の完成。~
これをページに記述すれば、そのサーバの[[WikiName]]へのハイパーリンクが生成されます。
【2002(平成14)年9月29日】
■テーマ 世界平和とユネスコ 
■講師 白井市教育長・前ユネスコパリ本部職員 今村聡子 氏 
■内容 ユネスコ・パリ本部勤務の体験をもとに、グローバルな視点から、世界のユネスコの現状と今後のあり方、そして私たち民間ユネスコ運動との関わりについての講演会

 [[サーバ名:WikiName]]
 [[pukiwiki:FrontPage]]
【2003(平成15)年2月22日】
■テーマ ユネスコ世界遺産 
■講師 社団法人日本ユネスコ協会連盟職員 川上千春 氏 
■内容 世界遺産については、最近耳にすることが多いのですが、ユネスコのと関係や、どんな遺産があって、どのような手続きで登録されるのか、世界遺産を保護していく上での問題点など、今後、世界遺産を守っていくために、ユネスコの活動や私たちがどのような役割を担っていくべきなのか研修 

** サーバーリストへの追加 [#a71a4d66]
[[InterWikiName]] のページに以下のようにサーバの定義をすることで
サーバーリストに追加することができます。
** 2003(平成15)年度 [#l03fa39e]

 [URL サーバ名] タイプ
 [http://pukiwiki.sourceforge.jp/index.php pukiwiki] utf8
【2003(平成15)年6月28日】
■テーマ 国連識字の10年と世界寺子屋運動 
■講師 成田ユネスコ協会顧問(前会長) 柴田實 氏 
■内容 寺子屋運動について、「どうして世界寺子屋運動が必要なのか」を、今の国際情勢など、幅広い見識を織り交ぜながらの研修
 ほかに、今年から始まった「国連識字の10年」と、世界寺子屋運動がどう関わっていくのか、当協会や印旛地区のユネスコ協会連盟などで取り組みを開始した世界寺子屋運動「ネパール・ルンビニプロジェクト」についての説明など

** WikiNameの挿入位置 [#q7ad1d6d]
要求しようとするURLへの[[WikiName]]の挿入位置を $1 で指定することができます。省略するとお尻にくっつきます。
【番外編2003(平成15)年9月3日】
■テーマ 非識字率の現状と識字率向上のために 
■講師 成田ユネスコ協会会長 橘内忠成 
■内容 当協会の橘内会長が、成田コスモポリタンロータリークラブの9月第一例会の卓話講師として招聘され、講演

 -[http://pukiwiki.sourceforge.jp/index.php?cmd=backup&page=$1&age=1 pukiwiki] utf8
【2003(平成15)年11月3日】
■テーマ 激動する世界情勢 アメリカのユネスコ復帰 
■講師 元 在ポルトガル特命全権大使 岡田富美也 氏
■内容 米国が19年ぶりにユネスコ(国際連合教育科学文化機関)に復帰したことに伴い、激動する世界の現状とアメリカがユネスコに復帰したことの意味、世界平和への今後の展望などの講演 

** 文字コード変換タイプ [#k34801d3]
【番外編2 2003(平成15)年12月16日】
■テーマ 世界の識字率を高めるために 
■講師 成田ユネスコ協会会長 橘内忠成 
■内容 当協会の橘内会長が、多古ロータリークラブ例会の卓話講師として招聘され、講演 

[[PukiWiki]]内のページ以外にも飛ばせます。日本語をURLに含む可能性もあるのでその場合のエンコーディングの指定をタイプとして指定できます。
【番外編3 2004(平成16)年2月29日】
■テーマ 高齢化社会をどう生きるか 
■講師 成田ユネスコ協会会長 橘内忠成 
■内容 当協会の橘内会長が、「第14回婦人会まつり」で講演 

 -[http://pukiwiki.sourceforge.jp/index.php?cmd=read&page=$1 somewhere] utf8
【2004(平成16)年3月16日】
■テーマ 「国際理解・交流」研修会 
■講師 当協会婦人部 
■内容 婦人部の「日本の香りをあなたに」の定例実施にあわせて、会員が海外の人たちと一緒に日本文化を実体験しながら国際交流・理解を考える研修 

:std 省略時|内部文字エンコーディング(標準はSJIS)のままURLエンコードします。
:raw asis|URLエンコードしないでそのまま使用。
:sjis|文字列をSJISに変換し、URLエンコードします。(mb_stringのSJISへのエイリアスです)
:euc|文字列を日本語EUCに変換し、URLエンコードします。(mb_stringのEUC-JPへのエイリアスです)
:utf8|文字列をUTF-8に変換し、URLエンコードします。(mb_stringのUTF-8へのエイリアスです)
:yw|YukiWiki系へのエンコーディング。
:moin|MoinMoin用に変換します。 
** 2004(平成16)年度 [#ac0bd821]

その他、PHP4のmb_stringでサポートされている以下のエンコード文字が使用できます。
【2004(平成16)年5月15日】
■テーマ 能楽のたのしみ 
■講師 観世流家元 梅若六郎 氏 
■内容 成田山新勝寺光明堂前の特設舞台で、かがり火の中で“成田山薪能”が演じられるイベントにあわせて、世界遺産にも指定されている能の研修 

''UCS-4, UCS-4BE, UCS-4LE, UCS-2, UCS-2BE, UCS-2LE, UTF-32, UTF-32BE, UTF-32LE, UCS-2LE, UTF-16, UTF-16BE, UTF-16LE, UTF-8, UTF-7, ASCII, EUC-JP, SJIS, eucJP-win, SJIS-win, ISO-2022-JP, JIS, ISO-8859-1, ISO-8859-2, ISO-8859-3, ISO-8859-4, ISO-8859-5, ISO-8859-6, ISO-8859-7, ISO-8859-8, ISO-8859-9, ISO-8859-10, ISO-8859-13, ISO-8859-14, ISO-8859-15, byte2be, byte2le, byte4be, byte4le, BASE64, 7bit, 8bit, UTF7-IMAP''
【2004(平成16)年9月4日】
■テーマ 世界遺産登録記念講演会「紀伊山地の霊場と参詣道」 
■講師 大本山成田山新勝寺教宣課長 半田照匡 氏 
■内容 2004(平成16)年7月1日に国内12件目の世界遺産(文化遺産)に登録されることが決まった「紀伊山地の霊場と参詣道」について学ぶ研修 

** [[YukiWiki]]系へのエンコーディング [#zeb5d7f0]
【2005(平成17)年2月12日】
■テーマ 世界無形文化遺産『文楽』鑑賞会 
■内容 2003(平成15)年10月、ユネスコパリ本部で開催された総会において、「世界無形文化遺産保護条約」が120カ国の賛成で採択、これにより、日本の「能楽」と「人形浄瑠璃 文楽」がこの条約で保護されることになったことにあわせ、世界で高く評価され、人類の遺産として承認されたこれらの無形遺産を学習するため、数少ない「文楽」の東京公演を鑑賞(スタディツアー) 

-[[WikiName]]のものへはそのままURLエンコード。
-[[BracketName]]のものは[[ ]]を付加してURLエンコード。
** 2005(平成17)年度 [#q0e04fc7]

【2005(平成17)年10月16日】
■テーマ 成田ユネスコ協会創立30周年記念講演会 新渡戸稲造とユネスコ 
■講師 前検事総長 弁護士 東京女子大学理事長 原田明夫 氏
■内容 五千円札の顔だった新渡戸稲造。1900年『武士道』を英文で発刊し、世界の注目を浴び、1920年、国際連盟の事務局次長を務め、そして、ユネスコの前身である 「国際知的協力委員会」(アインシュタインなど12人で構成)を創設した新渡戸とは?当時、世界で最も高く評価された日本人、新渡戸稲造について学び、これからのユネスコ活動を考える講演

【2006(平成18)年3月22日】
■テーマ 「ずっと地球と生きる」開発と環境保全を考える研修会
■講師 社団法人日本ユネスコ協会連盟職員 川上千春 氏
■内容 「国連持続可能な開発のための教育の10年」の意義、取り組み(「ずっと地球と生きる」)の現状、持続可能な社会への課題などを学び考える研修

** 2006(平成18)年度 [#g336f35e]

【番外編2006(平成18)年6月22日】
■テーマ 国際理解教育 
■講師 成田ユネスコ協会会長 橘内忠成 
■内容 当協会の橘内会長が、山武教育研究部国際理解教育研修会に講師として招聘され講話

【番外編2006(平成18)年6月27日】
■テーマ ユネスコ世界遺産 
■講師 成田ユネスコ協会会長 橘内忠成、事務局長 小池正昭 
■内容 千葉市の県立若松高校から訪問を受け、高校生5名に向けて世界遺産について講話

【番外編2006(平成18)年12月4日】
■テーマ 世界寺子屋運動 
■講師 成田ユネスコ協会副会長 甘利幸男 
■内容 市内の中台小学校の要請で、当協会の甘利副会長が、世界寺子屋運動について全校児童に向けて講話

【2006(平成18)年12月16日】
■テーマ 世界無形文化遺産『歌舞伎』鑑賞会
■内容 2005年11月にユネスコにより「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」として登録され、世界の無形文化遺産として認められた「歌舞伎」について理解を深めるため、東京・銀座の歌舞伎座で「八重桐廓噺」「将門」その他の演目を鑑賞

【2007(平成19)年2月17日】
■テーマ カンボジアの寺子屋運動について
■講師 社団法人日本ユネスコ協会連盟職員 池本まり子 氏
■内容 印旛地区ユネスコ協会連盟として世界寺子屋運動の今回の支援先にしたカンボジアの現状、運動の現状等について研修

** 2007(平成19)年度 [#kba3c00d]

【2007(平成19)年7月6日】
■テーマ 守ろう地球のたからもの世界遺産
■講師 社団法人日本ユネスコ協会連盟参与 東京都ユネスコ協会連絡協議会事務局長 岡田茂 氏
■内容 ユネスコの活動として、一般的に知られている世界遺産とその活動を切り口に、国連ユネスコや民間ユネスコ運動、その関係や歴史についての講演会を成田市の生涯学習講演会と共催

【2007(平成19)年9月27日】
■テーマ 世界寺子屋運動の現状
■講師 成田ユネスコ協会会長 橘内忠成
■内容 成田国際市民フェスティバルにて世界寺子屋運動のパネル展示を行うにあたり、準備に集まった会員向けに会長より世界寺子屋運動の現状を講話

【2007(平成19)年12月17日】
■テーマ ユネスコ活動をどう伝えるか
■講師 成田ユネスコ協会役員
■内容 近年、ユネスコへの関心の高まりもあって、小中学校、高校、そしてロータリークラブなどから出張講話の依頼を受けることが多いことから、役員をはじめ会員も、「ユネスコ活動」に関する講話が可能になるように研修

【2008(平成20)年3月15日】
■テーマ 地球温暖化と環境問題
■講師 財団法人千葉県環境財団 環境学習アドバイザー 中村正直 氏
■内容 UNESCOでは、2002年に日本政府が提案して成立した「持続可能な開発のための教育の10年」の推進役として地球環境問題に取り組んでおり、私たち民間ユネスコの連合体である日本ユネスコ協会連盟も読売新聞社と連携して、2005年から「ずっと地球と生きる−学校プロジェクト」を立ち上げ、環境問題で学校への出前授業を行っています。
 私たち地域のユネスコとしても、新年度、環境問題に関わる何らかの具体的な取り組みをしていきたいと考え、今回は、そのための基本を学ぶ学習会を実施

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS