平成19年度ユネスコ出前授業

国際部・国際理解教育の出前授業について、19年度は次の3校へ行きました。
井原市立西江原小学校
岡山市立甲浦小学校
岡山市立角山小学校
今回は、井原市立西江原小学校についてご報告いたします。

井原市立西江原小学校

井原市の田中美術館近くの歴史ある小学校だ。校門を入ると庭に田中さんの銅像が立っている。

10月22日(月)3.4校時

 総合学習として「ワールド・トリップ・ミッション」という単元を設定されているうちの4時間をいただいて、初めの2時間を「・各国の文化の違いについて考える・ 国旗を中心にして」国旗の中で「同じ赤い色が使われていても、国によってそれの意味することに違いがあることを知らせる。」「文化・習慣についても、食べるという行為は同じでも、箸を使う国・フォークを使う国・手で食べる国といろいろ違いがある。」「人の考え方に違いがあるが世界はひとつとして仲良くしようと努力しているのだ。」と説明して「君たちも、友達と意見の違うことはあっても、よく話し合って仲良くするようにしてほしい。」とパワーポイントの資料を駆使して佐橋副会長が授業された。

10月26日(金)5.6校時

 次の2時間は「世界寺子屋運動について、アフガニスタンの寺子屋を訪ねた時の様子」片山主計氏に報告してもらう。識字教育についてとか、字の読み書きできない大人がいること、病院で働く人たちが熱心に勉強していることに子どもたちは驚いていた。
 岡山ユネスコの活動と「書き損じはがき集めについて」小坂田がお願いした。

平成19年度出前授業 平成19年度出前授業