平成21年度ユネスコ出前授業

国際部・国際理解教育の出前授業について、21年度は次の2校へ行きました。

岡山市立建部中学校

対象者:1,2,3年生 25名

平成21年10月8日 1校時

 総合学習の授業として、日本ユネスコ連盟の活動についての話、特に「世界寺子屋運動」について話し、識字教育の大切なことを気付かせました。パワーポイントの資料を紹介しながら授業理事の小坂田氏が授業された。

平成21年10月8日 2校時

 次の時間は、アフガニスタンの寺子屋運動について、実際に寺子屋運動をしている様子を見せて、識字教育を成人が受けていることを理解させました。「世界寺子屋運動について、アフガニスタンの寺子屋を訪ねた時の様子」について片山主計氏に報告していただいた。識字教育についてとか、字の読み書きできない大人がいること、病院で働く人たちが熱心に勉強していることに子どもたちは驚いていた。

平成21年10月15日 3校時

 バングラデシュのロクマンさん、ラフィヤさんが、バングラデシュについての話、国の独立についての話から文化、地理、歴史、世界遺産などを紹介し、女子にサリーの着付けをしたり、 男子にバンジャビを着せたりして異文化について体験してもらいました。

平成21年10月15日 4校時

 書き損じはがき集めについてお願いを小坂田氏が、ボランティア活動の必要性とその意義について片山氏が話し、まとめを行いました。
 現在は、御津高等学校に統合されている福渡高等学校からボランティア活動として、「ネパールに学校を建てようという」運動を引き継ぎ、国際理解についてはかなり関心が高い学校です。学生たちは、サリーを実際に身に着けることにより、異文化ということを体験できたと思います。

平成21度出前授業 平成21年度出前授業

真庭市立遷喬小学校

対象者:6年生児童75名 職員4名

平成21年10月21日 1校時

 バングラデシュの歴史・地理・世界遺産について、児童が発表してからロクマンさんが話をしたので、興味深く聞いていました。また、サリーの着付けにも関心を持っていました。

平成21年10月21日 2校時

 日本ユネスコの活動の「世界寺子屋運動」についての説明で、バングラデシュの寺子屋運動の様子を小坂田氏、片山氏が話しました。

平成21年10月28日 3校時

 岡山ユネスコ活動について、平和の鐘を突こう、絵で伝えよう私の町の宝物展について話しました。
また、ラオスの寺子屋の現状についても小坂田氏が話ました。

平成21年10月28日 4校時

 アフガニスタンの寺子屋の様子現地の学校のことについての話と「書き損じはがきあつめ」についての説明とボランティア活動の意義を片山氏が説明して、まとめとしました。
 学校を訪問すると「バングラデシュ国旗と日本の国旗」をかざってあり、ロクマンさんも感激していました。また、学校給食でも「バングラデシュ」の食べ物を調理員さんが調べて調理し児童全員で食べたと聞き、事前学習がよくできていたので、授業がスムースにできました。
 授業の始めに児童が調べたバングラデシュについての発表をしてくれて、意欲的に取り組んでくれました。

平成21年度出前授業 平成21年度出前授業