平成22年度ユネスコ出前授業

国際部・国際理解教育の出前授業について、22年度は次の学校へ行きました。

岡山県井原市立井原中学校

対象者:3年生

平成22年9月30日 11時~12時

 担当者の佐橋氏は、岡山市学校支援ボランティアに登録されており、これは、このシステムによる支援活動である。授業予定の一ヶ月ほど前、当該中学校の担当教諭より直接本人に支援可能か否かについて電子メールで照会があり、可能である旨回答した。その後、メールによる授業内容についての数回のやり取りがあり、授業内容を固めていった。当該校では3年生全員が何かテーマを決めて、同じテーマを選んだ生徒がチームを作り、自分たちで調べ学習を行い、結果を全員の前で発表するという学習活動を行ってきていた。

 たまたま、今年は「大気現象の環境問題」という課題で纏められるようなチームができ、佐橋に依頼がきた。井原中の生徒達が選んだ対象は、大気汚染・異常気象・森林破壊・水質汚濁・地球温暖化・海面上昇の6つの現象であった。すでに調べ学習が進んでいるということで、その内容を知らずにそのような授業をするのは多少やりにくい面もあったが、それぞれの内容について初歩からやや程度の高いところまでの概説を、実例を多用したスライドを使って授業を行った。授業終了約一ヶ月後に生徒諸君からの評価が送られてきた。そういったものに「あの授業は悪かった」とはまず書かないから信頼性は??だが、好評であった。