平成25年度事業実績

《事業方針》

 本会は、ユネスコ憲章の精神に基づき、ユネスコ活動の実践を通して広く国際社会の進歩と向上に貢献すると同時に、世界の平和と人類の福祉に寄与することを目的とし、これを達成するため、次に掲げる事業を行います。

《事業実績総括》

1.ESD連携事業関係
(1)「ESDに関するユネスコ世界会議」に向けて、ESD関連事業への参画
(2)役員の派遣;武会長、藤木副会長、池田副会長、阿部理事、橋本理事
(3)COINN主催の「アジア青年未来プロジェクト岡山拠点会議」への連携参加
(4)日ユ連盟のESDパスポート事業への参画

2.学校支援事業の実施
(1)ESDに関連したサポート事業
(2)ESDに関連した学校教育現場への協力

3.広報活動の実施
(1)ニュースレター発行
  (2)ホームページの充実
(3)マスコミへの広報

4.ユネスコ活動の市民県民への啓発活動
(1)「絵で伝えよう わたしの町のたからもの絵画展」実施
(2)「奉還町祭り」への参画
(3)「平和の鐘運動」の実施

5.ユース部会関連
  会員の小竹さんが、大分での大会に参加。

6.岡山ユネスコ協会・記念誌発行事業
  編集計画・書類の整理など、継続中です。

7.岡山県内大学生の会員拡大と活動の拡大
  上記1~4に関連して、岡山理科大学、IPU環太平洋大学、その他留学生の
  勉強会や、ボランティアとしての参加があった。

8. 周辺団体との協力活動
(1)日本ユネスコ運動全国大会への参加
   ;武、田畑、小坂田各理事
(2)中国ブロックユネスコ活動研究会への参加
   ;小西、田畑、小坂田、橋本各理事

《部会別事業実績》

【地球環境部】(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの詳細については、別紙参照してください。)
Ⅰ ESD・ユネスコスクール加盟校へのサポート
  ・2013年4月17日~11月28日の間で5回、岡山市立津島小学校でESD関連授業協力
  ・8月1日、ユネスコスクール加盟校の岡山市立京山中学校の教員研修会への協力
  ・10月9日、京山中学の総合文化発表会でワークショップ
  ・2014年2月8~9日、「2013年度九州ブロック・ユネスコ活動研究会in都城」でESD事例発表など。

Ⅱ 岡山市北区京山地域でのESD活動への参加協力
 『地域の環境てんけん』(「ユネスコ地球環境講座2013」)
 ・2013年5月18日「春の環境てんけん」を、10月5日に「秋の環境てんけん」を実施
 『(都市農村連携交流事業)ホタル交流会』
 ・2013年6月16日に御津大野地区で実施
 『源流体験エコツアー』
 ・2013年7月20日に「夏の源流体験エコツアー2011in新庄村」を実施
 ・2014年2月1日に「冬の源流体験エコツアー2012in新庄村」を実施
 『ESDサミットを含むESDフェスティバル』
 ・2014年1月25~26日に岡山市立京山公民館を会場に、地域連携で実施

Ⅲ ESD-J等への役員・委員の派遣;池田副会長が副代表理事として。

Ⅳ 岡山ESD推進協議会、公民館CLC委員会、岡山大学主催ESDシンポジウムへの参画
  ;阿部、武、池田、藤木、橋本各理事

Ⅵ COINN(岡山県国際団体協議会)との連携事業;橋本理事(兼COINN事務局長)
 ・2013年9~10月、各国拠点会議
 ・2014年1月25~30日、6か国CLC担当者招聘によるワークショップ開催

Ⅶ ESDパスポートの普及活動
  文部省の補助事業で日本ユネスコ連盟が新しく始めるESDパスポート事業が、2014年度から全国展開されることになりました。2013年度は、テストケースで、岡山ユネスコ協会としても協賛、県内のユネスコスクールを中心に9月から始まりました。4高校、3中学、4小学校の約650名対象です。

【国 際 部】
1.奉還町祭り(担当 小西); 浪漫ティック奉還町祭in奉還町商店街

  2013年7月21日(日)国際交流センター6階にて会員も参加してパネル等準備会。
  山陽新聞の取材を受け、ユネスコ活動も同時に宣伝した。

  2013年7月27日土曜日15~20時
  「世界の外国人屋台」企画で、留学生を中心に5カ国(ベトナム、タイ、インドネシア、韓国、中国)が出店。
  各国の料理や物品の販売を介して、その国の文化の紹介、相互理解の促進、ユネスコ活動の広報などを行った。準備・設営・片づけを通しての教育効果もあった。

2.ハングル語講座(担当 小坂田)
  ・毎週金曜日午後6時半から8時で、国際交流センター6階にて年間40回開催。
  ・参加人員は延べ270名でした。

3.書き損じ葉書回収

【芸術文化部】(1についての詳細は、別紙参照してください。)
1.「第14回平和の鐘を鳴らそう!」実施;担当は、宮本理事と阿川理事
   2013年8月15日(木)11時40分、岡山市北区南方3丁目の真言宗長泉寺にて開始。
  「平和宣言朗読」を本年は、IPUの学生さんにお願いしました。12時、鳴鐘。
   後、広島平和文化センターから、被爆体験者・岡田恵美子さんの“平和の話”& 3.11福島原発事故で埼玉県から岡山へ母子避難中の蝦名宇摩さんの“津軽三味線” 同じく大塚さんの自エネ組の参加もありました。
   @お茶・おにぎりなどの御接待を含め長泉寺さんには大変お世話になりました。

2.「私の町のたからもの」絵画展
  6月下旬募集要項作成、各学校に配布。9月17~20日で作品受付、学年別に作品の整理
  11月23日(土)森安先生により審査会(数人お手伝い)
  12月13日(金)までに、各校へ入賞者通知、展示会参加依頼。12月末、賞状・賞品準備。小竹会員の協力で賞状作成。
  「日本ユネスコ協会連盟会長賞」・「岡山ユネスコ協会長賞」が小中各1名。優秀賞5名。
  岡山県生涯学習センターで、2014年1月7~12日(日)午前まで、展示。
  最終日13時から表彰式午後一時から表彰式、片付け、反省会。
  ・中学校11校・小学校17校・応募点数477点 入賞作品のみ展示
  4月19日から1週間、国際交流センター6階で、優秀作品の展示を行う。

【広報部】
1.ニュースレター第37号発行(2013年9月30日)

2.ユネスコ広報用リーフレットの発行;現状に則し、会員勧誘に使えるようなものを。

3.ホームページ、メーリングリストの活用で会員間情報伝達、相互理解を図る。

【ユース部】
1.第5回 九州ブロック青年ユネスコ交流研修会(会員の小竹さん参加)
日時・場所:2013年12月14日(土)~15日(日)、ホルトホール大分
主催:大分ユネスコユース(大分県ユネスコ協会連盟青年部)
後援:大分県教育委員会、大分県ユネスコ協会連盟
目的:ユネスコ活動とはどのような活動なのか?各地のユネスコ協会で青年がどのような活動をしているのか?を知り、お互いの交流を深める。
参加者は約30名 (大分、山口のユネスコスクールに認定されている高校生、大分、松山、沖縄、岡山ユネスコ協会)
ユネスコにつての講義や、各協会の活動報告、グループディスカッション、外部からの講師を招いてのワークショップがありました。

【事務局】
事務局体制の充実(奉還町事務所退去);会計を小坂田理事に移行
事務雑務処理は田畑・小西副会長で一時的に行った。