第1回 ユネスコサロンについて

2014年7月5日(土) 15:00~17:00
国際交流センター6階 交流サロン

◆テーマ

「勉強は何のためにするのか」

◆ゲスト

NHK岡山支局  ディレクター 伊藤加奈子様
(株)ディー・エム・ピー 取締役    中尾清光様
(株)アイム・トエンティファースト 社員  グエン クアン フィ様

◆参加者

岡山理科大学・環太平洋大学・就実大学の大学生(8名)と岡山ユネスコ協会会員(13名)


 まず、バズセッション方式でするために(初顔合わせの集団が議論しやすいように)4つのグループに分かれ、代表が集約意見を発表後、全員の討論に入りました。「勉強は、自分の将来のため」「知識を増やすため」等々の意見が出ました。
ゲストから寄せられた感想では「日ごろ向き合うことの少ない命題を考えたことはよかった」や「なぜ、興味のないこと、必要と思われない課題までも勉強しなければならないかまで踏み込めたらもっとよかった」等がありました。数名の大学生からは「大変有意義であった」という感想が寄せられました。また、今後の岡山ユネスコ協会との関わりについては、未決という回答もありました。ユース会員増強、ユネスコ会員の勉強を通して、岡山ユネスコ協会の活性化に繋がるようにユネスコサロンを充実させることは、重要なことだと思います。
 今回の総括として、今後、会員にサロン開催案内を徹底する、大学生に連絡相談チャンネルを作る、企画立案から期待する成果まで綿密に作成すること。その意味では、今回、新規会員加入がなかった、全会員にサロン開催連絡ができなかった等の反省点と改良点が残りました。岡山ユネスコ協会活動が20年を経て、さらに前進していくためにも成果に目を向けた活動に重点をおきたいと考えています。

 岡山ユネスコ協会 理事  小西真弓
ユネスコサロン ユネスコサロン