ページ内を移動するためのリンクです。

パリにて浮世絵展示会を開催 【UNESCO・日本ユネスコ協会連盟 共催 】

UNESCO(国際連合教育科学文化機関)と日本ユネスコ協会連盟は、
今秋開催されるUNESCOの執行委員会に併せ、「浮世絵展示会」を共催いたします。

東日本大震災における世界から寄せられた募金や、心温まるメッセージへの感謝を表すると共に、
浮世絵を通して、日本の文化、自然と共に生きる日本人の姿を伝えます。
また、展示会期間中にデジタル浮世絵を用いた、記念講演会を開催します。

◇◆海外初!浮世絵の一部を300倍に拡大した染め摺り作品を展示します
お洒落なパリジャン・パリジェンヌも驚きの巨大浮世絵渡仏決定!!!
◇◆

欧米諸国では、特に印象派の芸術家に影響を与えたことで有名な浮世絵。
が、使用されてる植物性顔料が壊れやすいなどの理由から、一切の展示を禁止しているコレクションもあります。現在では、そんな浮世絵をデジタル化し、少しでも多くの人の目に届くよう工夫がなされるようになりました。
今回、開催される『浮世絵展示会~日本より感謝を込めて』では、デジタル化した浮世絵を100~300倍に拡大し、木田俊一氏制作による和紙に染め摺りを施した作品を展示します。
拡大された浮世絵からは、当時の生活や文化を読み解けるヒントが散りばめられ、江戸時代の日本人の息づかいが感じられます。
そんな作品の数々や望月義也コレクションより「江戸百景」「木曾街道六十九次」「東海道五十三次」の中から浮世絵のオリジナル、Peter Macmillan 氏による新・富岳三十六景からの作品、またテラウチマサト氏による富士山の写真を展示いたします。

また、本展示会にあわせて、記念講演会『200年前へタイムスリップ~浮世絵をデジタル画像でのぞく~』 を開催いたします。作品を"見る"だけでなく、"聞く"楽しみを味わいください。

 

◇◆『浮世絵展示会~日本より感謝を込めて』◆◇図1.jpg

望月義也コレクションより「江戸百景」「木曾街道六十九次」「東海道五十三次」の中から浮世絵のオリジナル、並びに木田俊一氏制作の100~300倍に拡大した巨大浮世絵、
Peter Macmillan 氏による新・富岳三十六景からの作品、またテラウチマサト氏による富士山の写真を展示します。

■日時 :2012年10月8日(月)~12日(金)
      各日 9:30~17:30
■場所 :UNESCO Salle des Actes
      7, place de Fontenoy 75352 Paris

■主催 :公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
       UNESCO(国連教育科学文化機関)
■協賛 :株式会社エイチ・アイ・エス
      富士山を世界遺産にする国民会議
      OAG税理事務所
      株式会社日本M&Aセンター
■協力 :ソニー株式会社、アワガミファクトリー
      獺祭、株式会社アミューズ、稲川素子

 

◇◆記念講演会 『200年前へタイムスリップ~浮世絵をデジタル画像でのぞく~』◆◇

浮世絵展示会開催の一環として、ボストン美術館浮世絵コレクションのデジタル画像を用いた記念講演会を開催します。
オリジナルの浮世絵を100倍に拡大することによって、絵師、彫り師、摺り師が浮世絵にほどこした、驚くべきさまざまな技術や隠れた思い、エスプリを解き明かし、分かりやすく解説します。 
講師:牧野健太郎氏、木田俊一氏

■日時 :2012年10月11日(木)18:30~
■場所 :パリ日本文化会館・小ホール       101 bis, quai Branly 75015 Paris
■主催 :公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
      パリ日本文化会館
 

図2.png望月義也コレクション

2006年より浮世絵を収集した望月義也氏所蔵の浮世絵コレクション。とくに歌川広重に興味を持ち、『名所江戸百景』『木曾街道六十九次』『東海道五十三次』を初摺を含めて全景をコレクション。

 

 

図3.jpg木田 俊一

1997年染め摺り工房キュービック設立。大判インクジェットプリンターを用いて和紙に写真やポスターなどをプリントする事業を始める。日本の伝統工芸である和紙をデジタルプリント技術と組み合わせることにより、デジタルプリントでは表現できない色の深みや味を表現することを可能とし、和紙の新しい可能性を示唆した。

 

 

図4.jpgPeter MacMillan(Seisai)

アイルランド出身、日本在住歴 20 年以上。 哲学修士、英文学博士。翻訳家、詩人、版画家。杏林大学客員教授、東京大学非常勤講師。
『百人一首』を英訳出版し、日米で翻訳賞を受賞。現在、天才浮世絵師葛飾北斎へのオマージュとして、理想化された霊山の姿と現代社会の現実を対比した版画「新・富嶽三十六景」の製作に取り組んでいる。

 

図5.jpgテラウチ マサト

ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家。モノやコトの"隠れた本質"を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。米国マサチューセッツ工科大学で講演するなど、海外からも高い評価を得ている。
http://www.terauchi.com/

 

図6.png牧野 健太郎

教育番組・アニメーション番組の制作やイベントなどのプロデューサー。2003年よりボストン美術館と共同で制作中の浮世絵デジタル化プロジェクトの責任者。現在、株式会社NHKプロモーション・上席執行役員・特命担当/公益社団法人日本ユネスコ協会連盟・評議委員/NHK文化センター・明治大学・明治大学リバティーアカデミー講師。

 

 

《本件に関するお問い合わせ先》

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 教育文化事業部 間辺 渉外部 川上
 TEL:03-5424-1121 FAX:03-5424-1126 e-mail:mabe@unesco.or.jp

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま