ページ内を移動するためのリンクです。

ユネスコ世界寺子屋運動 書きそんじハガキキャンペーン 2016実施中!

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟は、12月から「ユネスコ世界寺子屋運動 書きそんじハガキキャンペーン 2016」を実施いたします。当連盟は、戦争や貧困など、さまざまな理由で教育の機会に恵まれない子どもや大人のために、「学びの場=寺子屋」を世界に広げていく「ユネスコ世界寺子屋運動」の一環として、ご家庭に眠っている"タンス遺産(※)"を募金にかえる活動を行っており、1990年のキャンペーン開始以来、今年で25年目を迎えます。年賀状シーズンとなる12月からは特に書きそんじハガキの回収を目的としたキャンペーンを展開しております。

世界に5,800万人もいる学校に行けない子どもたちのために。6人に1人といわれる読み書きができない15歳以上の大人たちのために。この冬うっかり書きそんじてしまったハガキをはじめ、タンスの中に眠った遺産を、世界の人々の学びの支援にかえることができます。ご家庭の書きそんじハガキで、ユネスコ世界寺子屋運動にご協力ください。

※書きそんじてしまった郵便ハガキ、使っていない切手や、プリペイドカードなど家庭に眠っている換金ができるもの。

1_png

【25年の実績】

2_20151216.pngご参考:【書きそんじハガキCP 2015】 都道府県ランキング(ベストテン)

3_20151216.png

※2014年12月~2015年10月の期間、ユネスコ協会から送られてきた枚数をもとに、ランキング。
 ユネスコ協会がない県や市区町村もあります。

【書きそんじハガキキャンペーンとは】

書き間違えや、古くて使用しないなどの理由で投函されていない未使用ハガキを回収するキャンペーン。キャンペーンを通じて集まったハガキを募金に変え、寺子屋運動の展開に使用しています。

詳しくはこちら

プレスリリースはこちら

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま