ページ内を移動するためのリンクです。

カンボジアの寺子屋プロジェクトにドイツNGOが注目

2006年に開始した「アンコール寺子屋プロジェクト」は、現在カンボジアのシェムリアップ州16地域において活動を展開しています。プロジェクト開始初期(2006年~2008年)にできたチョンクニア、プレイクロッチ、コックスロックの3軒の寺子屋(CLC:Community Learning Center)は、今年から予算を募金に頼らず、寺子屋運営委員会を中心とした自立運営を開始しました。過去約10年間の活動経験をもとに、手工芸品販売やスタディツアー受け入れなど、持続的なコミュニティ発展の拠点として大いに活用されることが期待されています。このことは、カンボジア国内に350以上あるCLCの中でも成功事例とされ、ドイツのNGO・DVV International制作のビデオで詳しく紹介されました。

YouTubeにアップされているこのビデオには英語のナレーションが入っており、カンボジアの方が話されているところには英語のキャプションが入っています。2分目あたりから登場する日本ユネスコ協会連盟カンボジア事務所のブッタ所長のコメント、チョンクニア寺子屋の運営委員や学習者のコメントにぜひご注目ください。→ https://youtu.be/pUezG_xFaVs

20170721.jpg

ビデオの中でインタビューに答えるナレンさん(チョンクニア寺子屋運営委員)

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま