ページ内を移動するためのリンクです。

活動報告

ネパール

基本情報

インドや中国と隣接し、ヒマラヤ山脈で有名なネパール。1人あたりGDPが427ドルと最貧国のひとつ。
女性の識字率は約44%と世界でも最低レベルにあります。

Loading...

現地の課題

教育を受けられない女性たち

カースト制などさまざまな社会的要因によって、子どものころに教育を受けられなかった女性たちがたくさんいます。

学校に行けない子どもたち

釈迦の生誕地である聖地ルンビニは、世界遺産リストにも登録され、世界中から巡礼者が訪れます。しかし、その周辺の村には、学校にも行けず、家のために働かなければならない子どもたちがたくさんいます。

貧しい農村の生活

支援地の住民の多くは貧困村の農民です。天候不順により十分な農作物が収穫できないこともあり、収入が安定していません。

活動概要

現地のNGOと一緒に、ルンビニの12村と首都カトマンズで、学校に通えない子どもたちのための小学校クラスをはじめ、女性のための識字クラスや農業研修、貸付グループ活動などを行っています。また、ネパール政府に対して寺子屋普及のための助言や協力も行っています。

これまでの活動成果

【実施地域】ルンビニ県ルパンデヒ郡の6村、カピルバストゥ郡の6村、カトマンズ近郊の4地域

女性の識字者数が3倍に増えました

ルンビニの12村では、多くの女性が識字クラスに参加し、女性の識字者数が3倍に増えました。

小学校と同等の学びを寺子屋で

学校に一度も通ったことがない、途中でやめざるをえなかったなどの子どもたちが、寺子屋の小学校クラスで正規のカリキュラムと同等の教育を受けることができました。

農業研修に参加して収入がアップ

寺子屋の農業研修に参加した女性たちの年収が平均でおよそ1万3千円増加しました。
ネパール人の平均年収はおよそ3万6千円。

寺子屋が政府からも認められました

ルンビニの寺子屋はネパール政府からの評価が高く、政府の寺子屋のモデルとなっています。

2013年度の活動報告

識字クラス学ぶ女性たち

■政府の掲げた目標に協力し短期識字クラスを実施

「2015年までに非識字者ゼロ」という政府の目標に協力し、寺子屋を中心に3ヵ月短期識字クラスを実施。政府の資金援助のもと、ルンビニとカトマンズで6183人もの人びとが勉強しました。識字ボランティアの研修や教材作成も行い、作成した教科書は政府に採用されました。

初等教育クラスで学ぶ

■社会的弱者のための小学校クラスを実施

学校に通えなかったり中途退学したりしてしまう女性や低カーストの子どもたちのために、寺子屋では3年間の初等教育クラスを実施しています。宗教学校の独自のカリキュラムで学ぶイスラム教徒のための初等教育クラスも実施しました。

自立の道へ

■それぞれの寺子屋が自立への道を歩んでいます

寺子屋自ら活動計画を作成し、資金調達や運営ができるよう研修を行ってきました。今では行政の支援のもと、外壁補修や識字クラスの予算獲得などを独自に行っています。ルンビニ・アダルシャ寺子屋では、2階部分を増設し、ゲストハウスとして活用し収入につなげる計画です。

成人識字率(15歳以上):60%
プロジェクト開始年:2002年
現地パートナー:ノンフォーマル教育ナショナルリソースセンター(NRC-NFE)

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま