ページ内を移動するためのリンクです。

【活動報告】 大盛況!2011年度『教員研修会』開催しました

2011年9月24日(土)~25日(日)の2日間、東京・本郷の文京学院大学において、持続発展教育(ESD)の学校での実践をテーマに、学校の先生方対象の研修会を行いました。120名を超える申し込みの中から82名の先生方が参加し、会場は熱気に包まれました。

kyouin_20111017.jpg

全体会の様子。北は北海道・礼文島から南は沖縄県・石垣島まで、全国各地の先生方が集まりました。

kyouin2_20111017.JPG  kyouin3_20111017.JPG

             第1弾:豊かな自然編                           第2弾:豊かな世界遺産編

※日本ユネスコ協会連盟では、持続発展教育(ESD)の普及促進を目的に、学校の授業で実践できるさまざまな企画や学校プロジェクトをご用意しています。その中のひとつが、ESD教材「守ろう地球のたからもの」(協力:三菱UFJフィナンシャル・グループ、監修:奈良教育大学。現在、教材の申込みをこちらから受け付け中です。

3回目となる今回は、教材"豊かな世界遺産編"の活用をテーマとして、参加型ワークショップを取り入れた2つの分科会を行いました。

第1分科会では、実際に、世界遺産教材の製作に携わった先生方により、模擬授業を通して、教材の使い方、指導のポイントなどが紹介されました。広島、奈良などの校外学習の事前学習や、その他の教科学習などで世界遺産を学習に既に取り入れている先生方もいらして、指導上の注意点などに参加された先生方は熱心に耳を傾けていました。

第一分科会の様子

kyouin4_20111017.jpg   kyouin5_20111017.jpg

世界遺産を学んで自分たちの住む町に目を向けると、子どもたちはその歴史や文化への関心と地域への愛着を持ち始めます。第2分科会では、グループに分かれてパソコンソフトを使い、奈良の寺社やまちなみの写真で、プロジェクト型学習「私のまちのたからものスライドショー」制作に挑戦しました。

全国から集まった先生方ですが、全員が修学旅行などで奈良への旅行経験があり、終始和やかに作業が進められました。研修会の最後には各班の作品が発表され、さまざまなアイディアが共有されました。

第二分科会の様子

kyouin6_20111017.jpg   kyouin7_20111017.jpg

参考:スライドショーコンテスト 過去の受賞作品
    (2009年度)http://www.unesco.or.jp/mirai/result/contest/001/  
    (2010年度)http://www.unesco.or.jp/mirai/result/contest/002/

 

研修会終了後も情報交換や実践の共有ができるよう、分科会ごとにメーリングリストを立ち上げることとなりました。当連盟では今後も、学校現場でのESDの実践を応援してゆきます。


参加した先生方の声:
◆たいへん参考になりました。来年度のカリキュラムに取り入れたいです。
                             (北海道恵庭市・小学校)
◆児童の目が世界へ向き、地域を見つめなおす機会になりそうです。
                            (新潟県小千谷市・小学校)
◆参加型の分科会など楽しみながら学べるものが多く、持ち帰ってそのまま子どもたちに指導できると感じました。他教員に伝えるとともにESD推進に活用していきます。
                            (宮城県気仙沼市・中学校)
◆ひとつでも多くの実践事例を知りたいと思います。今後もこのような研修を希望します。
                           (沖縄県石垣市・小学校ほか)

  

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま