ページ内を移動するためのリンクです。

【お知らせ】フィリピンからの現地報告②

当協会連盟は台風30号で大きな被害を受けたフィリピンへの緊急支援を実施しています。すでにお知らせしました通り、本緊急支援は、聖心会(The Society of Sacred Heart)を通して行われます。聖心会フィリピン管区のシスター有田から、現地のライフラインや食料状況についてお伝えます。

----------------------------------------------------------------------------
台風通過の1週間後、11/14にレイテ島オルモックに救援物資の食糧50世帯分を携えて訪問しました。台風の強風が容赦なく道路に倒したコンクリートや鉄製の電柱は、私の訪問時には取り払われ電力会社の人たちが雨の中も作業を続けていました。しかし、まだ停電は続き、水も止まったままです。


1_20131202.jpg

根こそぎになって倒れた港の電柱

2_20131202.jpg

オルモックの港


またガソリンが不足しているため、ガソリン・スタンドにはオートバイの長蛇の列ができています。銀行は発電機を使ってATMを使用可能にし、ATMの前でも現金を引き出す人びとの列が続いていました。

食料不足も深刻な問題です。救援物資は届いているようですが、必要とするすべての人の手には届いていません。ただタクロバンのような略奪などはなく、人びとは災害ゴミを路肩に集めたり、きちんと列をつくって支援物資を受け取ったりと秩序が保たれています。

3_20131202.jpg

被災者への救援物資配布

しかし、停電のため、日が落ちて暗くなると治安維持のために機関銃で武装した軍人が市内のあちこちで警備を始めていました。
今回の台風の被害は予想を超えるほど大きなもので、被害の大きかった地域ではここ1か月は食糧支援などの緊急支援が必要です。その後は、建物の再建や生計を立てるための手段を失った人びとのために、長期的な支援も必要かと思われます。
--------------------------------------------------------------------------

引き続き、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

■被災者支援の募金を受け付けています。

郵便振替:00190-4-84705 
加入者名:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
通信欄に、「フィリピン支援」とお書きください。
※領収書が必要な方はその旨ご記入ください。
※日本ユネスコ協会連盟へのご寄附は、寄附金控除の対象となります。


お問い合わせは:
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 担当:関口
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階
電話:03-5424-1121(月~金 9:30~17:30)/ FAX:03-5424-1126
e-mail : nfuaj@unesco.or.jp

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま