ページ内を移動するためのリンクです。

【お知らせ】ESDの愛称公募に参加しよう!

「ESD」という言葉を簡単にしてみませんか?

ESDとは「Education for Sustainable Development」の略称です。"持続可能な開発のための教育"と訳されていますが、これでは一般の人に何のことかイメージできません。

でも、ESDはとても大切な教育です。地球のすべての生物が未来までずっと生きていけるように、人間一人ひとりが自分にできることを考え、実践していくことを身につける学習だからです。

そこで、文部科学省と環境省では、「持続可能な開発のための教育(ESD)」を分かり易く伝えるために、愛称を公募することになりました。

公募で選ばれた愛称は、今年11月に日本で開催される「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」(UNESCO<国連教育科学文化機関>と日本政府の共催)と、2015年以降のESDの推進のために使われます。

学校単位や個人等、さまざまな形で応募ができます。
皆さま、ふるってご応募ください!

■応募期間 平成26年3月4日(火)~4月25日(金)
詳細は、愛称公募専用サイトをご覧ください。

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま