ページ内を移動するためのリンクです。

熊本地震被災地での小学生向けワークショップ

 熊本地震が発生して2年が経ちました。被災地では、復興に向けての努力が続けられています。日本ユネスコ協会連盟が支援する、熊本で仮設・みなし仮設住宅に住む世帯の子どもを行っている「くまもと復興無料塾プロジェクト」(共同代表:熊本学園大学向井洋子先生・さくらゼミナール田尻一博先生)もその一つです。
 3月末に同プロジェクトでは、益城町と熊本市内の計6校の小学校6年生97人を対象に、4月から中学進学した時に「中一ギャップ」を乗り越えるのをサポートしようとワークショップを開きました。

 英語と数学の復習・予習のほかコミュニケーション力を培う企画など、2日間のプログラムで、熊本大学、熊本県立大学、熊本学園大学の学生や熊本市立東野中学校の生徒会の皆さんがサポート。

 ワークショップの後、生徒たちの表情から不安が少しは消え、会場の小学校を笑顔で後にしてくれましたとの報告がありました。

くまもと復興無料塾forweb.jpg

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま