ページ内を移動するためのリンクです。

日本ユネスコ協会連盟について

日本ユネスコ協会連盟のあゆみ

仙台から、パリのUNESCO本部へ。
世界初の民間ユネスコ運動を伝える第一報は、障子紙に書かれていた。

世界で最初に、民間ユネスコ運動がはじまった国は、日本だった。それは戦後間もない1947年7月19日のこと、まず仙台でユネスコ協力会が産声をあげ、すぐに京都、神戸、大阪と続き、全国各地に協力会が次々に誕生した。

当時は、食糧さえ不足する厳しい生活事情であったにもかかわらず、国内の民主化を求める声とともに、平和と文化の国際協力への運動が盛り上がっていた。すでに同じ年の11月には、東京の日比谷公会堂で「第1回日本ユネスコ運動全国大会」が開かれている。大会当日は、会場に入りきらない大勢の聴衆が、場外スピーカーの声に熱心に耳をかたむけるほどの盛況だった。

「仙台ユネスコ協力会」の創始者の一人である土居光知は、当時のUNESCO(パリ本部)の事務局長あてにメッセージを起草。
これが、日本の民間ユネスコ運動を世界に伝える第一報なったが、その手紙は戦後の窮乏生活のため、土居宅にあった障子紙に書かれていた。

日本から世界へと広がっていった民間ユネスコ運動。いまでは世界118カ国で5000を超えるユネスコ協会やユネスコクラブが活動を続けており、また、仙台が民間ユネスコ運動発祥の地であることを記念して、モロッコのカサブランカに「センダイ・パーク」という名の公園が残されている。

1922年   国際連盟が国際知的協力委員会設立 新渡戸稲造が代表幹事として尽力
1942年   ヨーロッパ各国政府、文部大臣が連合国文部大臣会議を組織する。
大戦による教育の荒廃と復興を協議した。
1945年 11月 ロンドンで連合国教育文化会議開催
国連加盟44カ国代表が参集しUNESCO憲章採択、UNESCO創立総会開催
1946年 11月 UNESCO憲章発効
第1回UNESCO総会開催
1947年 7月 仙台ユネスコ協力会が世界初の民間ユネスコ団体として発足
続いて京都・奈良・神戸でも協力会発足
  11月 日比谷公会堂で第1回日本ユネスコ運動全国大会開催
1948年 5月 日本ユネスコ協力会連盟結成
1951年 6月 第6回UNESCO総会、日・独加盟承認(6月21日)<60番目の加盟国となる>
  7月 日本がUNESCOに加盟(7月2日)
  8月 日本ユネスコ協力会連盟を社団法人日本ユネスコ協会連盟に改組
1952年 6月 「ユネスコ活動に関する法律」公布
  8月 日本ユネスコ国内委員会設置
1956年 12月 日本が国際連合に加盟
1972年 10月 第17回UNESCO総会「世界遺産条約」採択
1974年 7月 京都でアジア太平洋ユネスコ協会クラブ連盟(AFUCA)設立総会
1981年 6月 パリで世界ユネスコ協会クラブ・センター連盟(WFUCA)設立総会
1984年 7月 第1回民間ユネスコ運動世界大会を開催(仙台、神戸、広島、東京)
1989年 5月 識字キャンペーン「世界寺子屋運動」開始
1992年 6月 日本、世界遺産条約の締約国に
1997年 11月 日ユ協連、民間ユネスコ運動発祥50周年記念式典を東京で開催
2001年 7月 日本のUNESCO加盟50周年(7月2日)
2007年 7月 民間ユネスコ運動発祥60周年
2009年 4月 未来遺産運動開始
    ユネスコ世界寺子屋運動20周年
2011年 3月 東日本大震災 子ども支援募金開始
  4月 内閣府より公益社団法人の認定を受ける
  7月 日本のUNESCO加盟60周年(7月2日)

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま