世界遺産リストUNESCO Associations

地域別リスト(アジア①)Local activities

世界遺産名の和文表記について

World Heritage Centre の世界遺産リスト(英文)を、在日大使館及び関係研究機関、専門家等の助言を仰ぎ、可能な限り忠実に翻訳しています。なお、世界遺産名の和文表記に関しては、検討の余地を残すものもあります。今後も識者の指摘を得て、より適切な表記を目指します。

アゼルバイジャン共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔 文化遺産 / 2000/ (iv)
2 ゴブスタンのロック・アートと文化的景観 文化遺産 / 2007/ (iii)

アフガニスタン・イスラム共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 ジャムのミナレットと考古遺跡群 文化遺産 / 2002/ (ii)(iii)(iv) / 危機遺産
2 バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群 文化遺産 / 2003/ (i)(ii)(iii)(iv)(vi) / 危機遺産

アラブ首長国連邦

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 アル・アインの遺跡群 文化遺産 / 2011/ (iii)(iv)(v)

イエメン共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 シバームの旧城壁都市 文化遺産 / 1982/ (iii)(iv)(v)
2 サナア旧市街 文化遺産 / 1986/ (iv)(v)(vi)
3 古都ザビード 文化遺産 / 1993/ (ii)(iv)(vi) / 危機遺産
4 ソコトラ諸島 自然遺産 / 2008/ (x)

イスラエル国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 マサダ 文化遺産 / 2001/ (iii)(iv)(vi)
2 アッコ旧市街 文化遺産 / 2001/ (ii)(iii)(v)
3 テル-アビーブのホワイト・シティ?近代化運動 文化遺産 / 2003/ (ii)(iv)
4 香料の道-ネゲヴ砂漠都市 文化遺産 / 2005/ (iii)(v)
5 聖書時代の遺丘群-メギッド、ハツォール、ベエル・シェバ 文化遺産 / 2005/ (ii)(iii)(iv)(vi)
6 ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群 文化遺産 / 2008/ (iii)(vi)
7 人類の進化を示すカルメル山の遺跡:ナハル・メアロット/ワディ・エルムガーラ渓谷の洞窟群 文化遺産 / 2012/ (iii)(v)
8 洞窟の地の小宇宙としてのユダヤ低地のマレシャとベイト・グブリンの洞窟群 文化遺産 / 2014/ (v)
9 ベート・シェアリムの墓地遺跡:ユダヤ再興を示すランドマーク 文化遺産 / 2015/ (ii) (iii) (iv)

イラク共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 ハトラ 文化遺産 / 1985/ (ii)(iii)(iv)(vi)
2 アッシュール(カラット・シェルカット) 文化遺産 / 2003/ (iii)(iv) / 危機遺産
3 都市遺跡サーマッラー 文化遺産 / 2007/ (ii)(iii)(iv) / 危機遺産
4 エルビル城塞 文化遺産 / 2014/ (iv)
5 南イラクのアフワール:生物の避難所と古代メソポタミア都市景観の残影 複合遺産 / 2016/ (iii)(v)(ix)(x)

イラン・イスラム共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 チョガ・ザンビール 文化遺産 / 1979/ (iii)(iv)
2 ペルセポリス 文化遺産 / 1979/ (i)(iii)(vi)
3 イスファハンのイマーム広場 文化遺産 / 1979/ (i)(v)(vi)
4 タハテ・スレマーン 文化遺産 / 2003/ (i)(ii)(iii)(iv)(vi)
5 パサルガダエ 文化遺産 / 2004/ (i)(ii)(iii)(iv)
6 バムとその文化的景観 文化遺産 / 2004/ (ii)(iii)(iv)(v)
7 ソルターニーエ 文化遺産 / 2005/ (ii)(iii)(iv)
8 ビソトゥーン 文化遺産 / 2006/ (ii)(iii)
9 イランのアルメニア修道院群 文化遺産 / 2008/ (ii)(iii)(vi)
10 シューシュタルの歴史的水利施設 文化遺産 / 2009/ (i)(ii)(v)
11 アルダビールのシェイフ・サフィー・ユッディーンの修道院と聖者廟複合体 文化遺産 / 2010/ (i)(ii)(iv)
12 タブリーズの歴史的バザール複合体 文化遺産 / 2010/ (ii)(iii)(iv)
13 ペルシャ庭園 文化遺産 / 2011/ (i)(ii)(iii)(iv)(vi)
14 ゴンバデ・カーブース 文化遺産 / 2012/ (i)(ii)(iii)(iv)
15 イスファハンのジャーメ・モスク 文化遺産 / 2012/ (ii)
16 ゴレスターン宮殿 文化遺産 / 2013/ (ii)(iii)(iv)
17 シャフレ・ソフテ 文化遺産 / 2014/ (ii)(iii)(iv)
18 メイマンドの文化的景観 文化遺産 / 2015/ (v)
19 スーサ 文化遺産 / 2015/ (i) (ii) (iii) (iv)
20 ルート砂漠 自然遺産 / 2016/ (vii) (viii)
21 イランの地下水路カナート 文化遺産 / 2016/ (iii) (iv)
22 古都ヤズド 文化遺産 / 2017/ (iii)(v)

インド

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 アジャンター石窟群 文化遺産 / 1983/ (i)(ii)(iii)(vi)
2 エローラ石窟群 文化遺産 / 1983/ (i)(iii)(vi)
3 アーグラ城塞 文化遺産 / 1983/ (iii)
4 タージ・マハル 文化遺産 / 1983/ (i)
5 コナーラクの太陽神寺院 文化遺産 / 1984/ (i)(iii)(vi)
6 マハーバリプラムの建造物群 文化遺産 / 1984/ (i)(ii)(iii)(vi)
7 カジランガ国立公園 自然遺産 / 1985/ (ix)(x)
8 マナス野生生物保護区 自然遺産 / 1985/ (vii)(ix)(x)
9 ケオラデオ国立公園 自然遺産 / 1985/ (x)
10 ゴアの教会群と修道院群 文化遺産 / 1986/ (ii)(iv)(vi)
11 カジュラーホの建造物群 文化遺産 / 1986/ (i)(iii)
12 ハンピの建造物群 文化遺産 / 1986/ (i)(iii)(iv)
13 ファテープル・シークリー 文化遺産 / 1986/ (ii)(iii)(iv)
14 パッタダカルの建造物群 文化遺産 / 1987/ (iii)(iv)
15 エレファンタ石窟群 文化遺産 / 1987/ (i)(iii)
16 大チョーラ朝寺院群 文化遺産 / 1987、2004/ (ii)(iii)
17 スンダルバンス国立公園 自然遺産 / 1987/ (ix)(x)
18 ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園 自然遺産 / 1988、2005/ (vii)(x)
19 サーンチーの仏教建造物群 文化遺産 / 1989/ (i)(ii)(iii)(iv)(vi)
20 デリーのフマユーン廟 文化遺産 / 1993/ (ii)(iv)
21 デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群 文化遺産 / 1993/ (iv)
22 インドの山岳鉄道群 文化遺産 / 1999、2005,2008/ (ii)(iv)
23 ブッダガヤの大菩提寺 文化遺産 / 2002/ (i)(ii)(iii)(iv)(vi)
24 ビンベットカのロック・シェルター群 文化遺産 / 2003/ (iii)(v)
25 チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス) 文化遺産 / 2004/ (ii)(iv)
26 チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園 文化遺産 / 2004/ (iii)(iv)(v)(vi)
27 レッド・フォートの建造物群 文化遺産 / 2007/ (ii)(iii)(vi)
28 ジャイプールにあるジャンタール・マンタール 文化遺産 / 2010/ (iii)(iv)
29 西ガーツ山脈 自然遺産 / 2012/ (ix)(x)
30 ラージャスターンの丘陵要塞群 文化遺産 / 2013/ (ii)(iii)
31 大ヒマラヤ国立公園 自然遺産 / 2014/ (x)
32 ラニ・キ・ヴァヴ グジャラート・パタンの女王の階段井戸 文化遺産 / 2014/ (i)(iv)
33 ビハール州ナーランダ・マハーヴィハーラ(ナーランダ大学)の遺跡 文化遺産 / 2016/ (iv)(vi)
34 カンチェンゾンガ国立公園 複合遺産 / 2016/ (iii)(vi)(vii)(x)
35 ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献 文化遺産 / 2016/ (i)(ii)(vi)
36 古都アフマダーバード 文化遺産 / 2017/ (ii)(v)

ウズベキスタン共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 イチャン・カラ 文化遺産 / 1990/ (iii)(iv)(v)
2 ブハラ歴史地区 文化遺産 / 1993/ (iii)(iv)(v)
3 シャフリサブス歴史地区 文化遺産 / 2000/ (iv) / 危機遺産
4 サマルカンド-文化交差路 文化遺産 / 2001/ (i)(ii)(iv)
5 西天山 自然遺産 / 2016/ (x)

エルサレム(ヨルダン・ハシェミット王国による申請遺産)

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 エルサレムの旧市街とその城壁群 文化遺産 / 1981/ (ii)(iii)(vi) / 危機遺産

オマーン国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 バハラ城塞 文化遺産 / 1987/ (iv)
2 バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群 文化遺産 / 1988/ (iii)(iv)
3 アラビアオリックスの保護区(登録削除) 自然遺産 / 1994/ (x)
4 フランキンセンスの国土 文化遺産 / 2000/ (iii)(iv)
5 アフラージュ、オマーンの灌漑システム 文化遺産 / 2006/ (v)

カザフスタン共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟 文化遺産 / 2003/ (i)(iii)(iv)
2 タムガリの考古的景観にある岩絵群 文化遺産 / 2004/ (iii)
3 サルヤルカ-カザフスタン北部のステップと湖沼群 自然遺産 / 2008/ (ix)(x)
4 シルクロード:長安−天山回廊の交易路網 文化遺産 / 2014/ (ii)(iii)(v)(vi)
5 西天山 自然遺産 / 2016/ (x)

カタール国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 アル・ズバラ考古遺跡 文化遺産 / 2013/ (iii)(iv)(v)

キルギス共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 スライマン-トー聖山 文化遺産 / 2009/ (iii)(vi)
2 シルクロード:長安−天山回廊の交易路網 文化遺産 / 2014/ /(ii)(iii)(v)(vi)
3 西天山 自然遺産 / 2016/ (x)

サウジアラビア王国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 アル-ヒジュル古代遺跡(マダイン・サーレハ) 文化遺産 / 2008/ (ii)(iii)
2 ディルイーヤのトライフ 文化遺産 / 2010/ (iv)(v)(vi)
3 ジェッダ歴史地区:メッカへの玄関口 文化遺産 / 2014/ (ii)(iv)(vi)
4 サウジアラビアのハイール地方のロック・アート 文化遺産 / 2015/ (i) (iii)

シリア・アラブ共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 古都ダマスクス 文化遺産 / 1979/ (i)(ii)(iii)(iv)(vi) / 危機遺産
2 古代都市ボスラ 文化遺産 / 1980/ (i)(iii)(vi) / 危機遺産
3 パルミラの遺跡 文化遺産 / 1980/ (i)(ii)(iv) / 危機遺産
4 古都アレッポ 文化遺産 / 1986/ (iii)(iv) / 危機遺産
5 クラック・デ・シュヴァリエとサラディン城 文化遺産 / 2006/ (ii)(iv) / 危機遺産
6 シリア北部の古代村落群 文化遺産 / 2011/ (iii)(iv)(v) / 危機遺産

スリランカ民主社会主義共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 聖地アヌラーダプラ 文化遺産 / 1982/ (ii)(iii)(vi)
2 古代都市ポロンナルワ 文化遺産 / 1982/ (i)(iii)(vi)
3 古代都市シギリヤ 文化遺産 / 1982/ (ii)(iii)(iv)
4 シンハラジャ森林保護区 自然遺産 / 1988/ (ix)(x)
5 聖地キャンディ 文化遺産 / 1988/ (iv)(vi)
6 ゴール旧市街とその要塞群 文化遺産 / 1988/ (iv)
7 ダンブッラの黄金寺院 文化遺産 / 1991/ (i)(vi)
8 スリランカ中央高原 自然遺産 / 2010/ (ix)(x)

タジキスタン共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 サラズムの遺跡 文化遺産 / 2010/ (ii)(iii)
2 タジク国立公園(パミール山脈) 自然遺産 / 2013/ (vii)(viii)

トルクメニスタン

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 国立歴史文化公園“古代メルフ” 文化遺産 / 1999/ (ii)(iii)
2 クニヤ-ウルゲンチ 文化遺産 / 2005/ (ii)(iii)
3 ニッサのパルティア要塞群 文化遺産 / 2007/ (ii)(iii)

ネパール連邦民主共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 サガルマータ国立公園 自然遺産 / 1979/ (vii)
2 カトマンズの谷 文化遺産 / 1979/ (iii)(iv)(vi)
3 チトワン国立公園 自然遺産 / 1984/ (vii)(ix)(x)
4 仏陀の生誕地ルンビニ 文化遺産 / 1997/ (iii)(vi)

パキスタン・イスラム共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 モヘンジョダロの遺跡群 文化遺産 / 1980/ (ii)(iii)
2 タキシラ 文化遺産 / 1980/ (iii)(vi)
3 タフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群 文化遺産 / 1980/ (iv)
4 タッターの文化財 文化遺産 / 1981/ (iii)
5 ラホールの城塞とシャーリマール庭園 文化遺産 / 1981/ (i)(ii)(iii)
6 ロータス城塞 文化遺産 / 1997/ (ii)(iv)

パレスチナ自治政府

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路 文化遺産 / 2012/ (iv)(vi) / 危機遺産
2 パレスチナ:オリーブとワインの地−エルサレム南部バティールの文化的景観 文化遺産 / 2014/ (iv)(v) / 危機遺産
3 ヘブロン/アル-ハリール旧市街 文化遺産 / 2017/ (ii)(iv)(vi) / 危機遺産

バーレーン王国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 カルアト・アル-バフレーン-古代の港とディルムンの首都 文化遺産 / 2005/ (ii)(iii)(iv)
2 島の経済を表す真珠産業遺産 文化遺産 / 2012/ (iii)

ヨルダン・ハシェミット王国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 ペトラ 文化遺産 / 1985/ (i)(iii)(iv)
2 アムラ城 文化遺産 / 1985/ (i)(iii)(iv)
3 ウム・エル-ラサス(キャストロ・メファ) 文化遺産 / 2004/ (i)(iv)(vi)
4 ワディ・ラム保護地域 複合遺産 / 2011/ (iii)(v)(vii)
5 洗礼の地〝ヨルダン川対岸のベタニア″(アル・マグタス) 文化遺産 / 2015/ (iii) (vi)

レバノン共和国

No. 遺跡名称 遺産種別/登録年、拡張年※/登録基準/危機遺産※ある場合のみ表示
1 アンジャル 文化遺産 / 1984/ (iii)(iv)
2 バールベック 文化遺産 / 1984/ (i)(iv)
3 ビブロス 文化遺産 / 1984/ (iii)(iv)(vi)
4 ティール 文化遺産 / 1984/ (iii)(vi)
5 カディーシャ渓谷(聖なる谷)と神のスギの森(ホルシュ・アルツ・エル-ラーブ) 文化遺産 / 1998/ (iii)(iv)

世界遺産の登録基準

世界遺産リストに登録されるためには、「世界遺産条約履行のための作業指針」で示されている下記の登録基準のいずれか1つ以上に合致するとともに、真実性(オーセンティシティ)や完全性(インテグリティ)の条件を満たし、適切な保護管理体制がとられていることが必要です。

(i)人類の創造的才能を表す傑作である。
(ii)ある期間、あるいは世界のある文化圏において、建築物、技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展における人類の価値の重要な交流を示していること。
(iii)現存する、あるいはすでに消滅した文化的伝統や文明に関する独特な、あるいは稀な証拠を示していること。
(iv)人類の歴史の重要な段階を物語る建築様式、あるいは建築的または技術的な集合体または景観に関する優れた見本であること。
(v)ある文化(または複数の文化)を特徴づけるような人類の伝統的集落や土地・海洋利用、あるいは人類と環境の相互作用を示す優れた例であること。特に抗しきれない歴史の流れによってその存続が危うくなっている場合。
(vi)顕著で普遍的な価値をもつ出来事、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または明白な関連があること(ただし、この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)。
(vii)類例を見ない自然美および美的要素をもつ優れた自然現象、あるいは地域を含むこと。
(viii)生命進化の記録、地形形成において進行しつつある重要な地学的過程、あるいは重要な地質学的、自然地理学的特徴を含む、地球の歴史の主要な段階を代表とする顕著な例であること。
(ix)陸上、淡水域、沿岸および海洋の生態系、動植物群集の進化や発展において、進行しつつある重要な生態学的・生物学的過程を代表する顕著な例であること。
(x)学術上、あるいは保全上の観点から見て、顕著で普遍的な価値をもつ、絶滅のおそれがある種を含む、生物の多様性の野生状態における保全にとって、もっとも重要な自然の生育地を含むこと。

※なお、世界遺産の登録基準は、2005年2月1日まで文化遺産と自然遺産についてそれぞれ定められていましたが、同年2月2日から上記のとおり文化遺産と自然遺産が統合された新しい登録基準に変更されました。

2006年以前に登録された物件については、変更前の登録基準と対応させて上記基準の表記に変更されたとともに、2007年以降の登録からは上記基準がそのまま適用になります。

また、文化遺産、自然遺産、複合遺産の区分については、上記基準(i)~(vi)で登録された物件は文化遺産、(vii)~(x)で登録された物件は自然遺産、文化遺産と自然遺産の両方の基準で登録されたものは複合遺産とします。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて