アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラムunesco-axa

参加者募集!「減災教育フォーラム」被災地の教訓から学ぶ【2月9日(火)申込締切】【学校現場の皆さまへ】

2021.02.01

日本ユネスコ協会連盟は、来たる2月20日(土)、教育現場の皆さまを対象にした『減災教育フォーラム』をオンライン中継、配信により開催いたします。

東日本大震災から10年が経過する中、東日本大震災をはじめ、近年、日本各地で発生した自然災害の被災地の教育現場の経験や、災害の教訓を生かした減災教育の実践事例の紹介などを通して、今後の学校現場において、どのように減災教育に取り組んでいけばよいかお伝えします。

参加ご希望の教職員の方は、下記申込フォームに必要事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。

チラシ・申込フォームは以下からダウンロードしてください。

『減災教育フォーラム』~被災地の教訓から学ぶ~

【日時】:2021年2月20日(土)10:00~16:30

【開催方法】:Zoom、YouTubeを使用したオンライン中継、配信による開催

【対象】:減災教育にご関心のある小中高の教職員の皆さま

【申込締切】:2月9日(火)必着

【プログラム】

①「東日本大震災の被災地の映像から学ぶ減災教育」

②「震災遺構(被災校舎 気仙沼向洋高校旧校舎)から学ぶ」

(1)トークセッション

 佐藤 克美様(気仙沼市立東日本大震災震災遺構・伝承館館長)

 及川 幸彦先生(東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センター 主幹研究員、日本ユネスコ協会連盟理事、認定特定非営利活動法人SEEDS Asia理事、ESD円卓会議議長)

(2)震災遺構(被災校舎)の案内・校舎内部の被災状況の解説

③「東日本大震災の被災地の防災・減災教育から学ぶ」

 実践発表:気仙沼市立鹿折中学校(2011年 東日本大震災の被災地の学校)

④分科会「各地の災害経験から学ぶ~災害の教訓を踏まえた実践事例」

  (実践発表およびグループディスカッション)

・分科会①(小学校)発表校(大牟田市立みなと小学校)(2019年7月豪雨の被災地)

・分科会②(中学校)発表校(南阿蘇村立南阿蘇中学校)(2016年熊本地震の被災地)

・分科会③(高等学校)発表校(神戸大学附属中等教育学校)(1995年阪神淡路大震災の被災地)

・全体発表 各分科会よりディスカッションのまとめの発表

【主催】 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

【協力】 アクサ生命保険株式会社 

【後援】文部科学省

【プログラム・コーディネーター/講師】
及川幸彦先生(東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センター 主幹研究員、日本ユネスコ協会連盟理事、認定特定非営利活動法人SEEDS Asia理事、ESD円卓会議議長)

【講師】
上田和孝先生(新潟大学工学部・工学力教育センター准教授、認定特定非営利活動法人SEEDS Asiaアドバイザー)

【実施協力】 認定特定非営利活動法人SEEDS Asia、

  気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館、 気仙沼市教育委員会、

  気仙沼市立鹿折中学校、大牟田市立みなと小学校、

  南阿蘇村立南阿蘇中学校、神戸大学附属中等教育学校

※「アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラム」のサイトはコチラ

【お問い合わせ】

  公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟 企画部 減災教育係

  電話:03-5424-1121 Mail:gensai@unesco.or.jp

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて