世界寺子屋運動terakoyaitem

コロナ禍に見舞われたアジアの寺子屋の皆さんへ、応援メッセージ

2020.09.10

ご存じの通り日本ユネスコ協会連盟では、新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいるアジアの寺子屋を応援しています。先日そのような寺子屋の人たちに向けてのメッセージをいただきました。すると今度は、メッセージを見て感激した寺子屋の皆さんからの返事がきました。

メッセージを寄せていただいたのは、毎年書きそんじハガキ・キャンペーンにご協力いただいている、NECフレンドリースタフ株式会社の社員の方がたをはじめとするNECの皆さまです。2つほど紹介します。

このほかにもたくさんいただきました。 (メッセージは原文ママ) 寺子屋の皆さんの身になっての言葉の塊です! 日ユ協連では、いただいたメッセージをポスターのようにデザインして、4ヵ国に送りました。

すると、今度はメッセージを見た現地の人たちから返事が寄せられました。政府の方針で、寺子屋で教えたくても教えられない先生、学びたくても寺子屋に行けない学習者の皆さんの声を写真付きで送ってくれたのは、アフガニスタンのミールバチャコット寺子屋の皆さんです。一つメッセージをご紹介しましょう。

 アフガニスタン・ミールバチャコット寺子屋の先生と学習者の皆さん

「神の名におきまして。私の名前はファテマです。13歳で、ミールバチャコット寺子屋で学んでいる一人です。私たちも、コロナウイルスの影響の中で生活しています。学習の機会を逃してしまったことを悲しく思っています。でも、コロナウイルスが終息して、寺子屋の読み書きや職業の授業が早く始まることを願っています。NECの皆様に感謝いたします。」 

またネパールからは、せっかく日本からメッセージをもらったので、デザインしなおしたいという連絡が。少したって送られてきたのがこのポスターです。各寺子屋に印刷して配布したとの報告がありました。

カンボジアとミャンマーの2ヵ国では外出制限の厳しさやコロナ対策の忙しさから、寺子屋の人びとからのメッセージはまだ送られていませんが、私たちの現地事務所やパートナーNGOの代表からは、寺子屋の皆さんに日本からの声をお届けするとの返事が来ています。

日ユ協連では、新型コロナウイルス感染症のインパクトが大きいことにかんがみて、寺子屋への応援を続けていきます。どうぞ皆さまのご支援・お力添えをいただきましたら幸いです。


活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて