機関誌「ユネスコ」 2021年1月号

特集 世界遺産『アンコール』バイヨン寺院
   ナーガ像・シンハ像修復プロジェクト終了

カンボジアの世界遺産『アンコール』遺跡群のひとつ、バイヨン寺院。日本ユネスコ協会連盟では、寺院の外回廊(第一回廊)にあるナーガ(蛇)像と欄干、シンハ(獅子)像の修復、そして、現地の修復技能者の育成を2012年から実施してきた。多くの方々のご支援のもと、このプロジェクトがついに完了した。
(事業部:宍戸 亮子)

散乱していた遺跡を元の位置に、オリジナルの部材で

9世紀以来、カンボジアのアンコール王朝によって築かれた『アンコール』遺跡群。15世紀に王朝が滅びてから、数世紀にわたってジャングルに取り残されたままだった。フランス植民地時代の1860年に遺跡が「発見」されて以降、修復・研究が進められた。しかし、独立闘争に続いて内戦状態となり、長い不遇の歴史を辿ってきた。その間、全体的に破損と劣化が進み、修復に携わる人材・技術が不足しているなど、世界遺産となってからも維持・保全の上で課題が山積していた。

散乱していた遺跡を元の位置に、オリジナルの部材で

修復前(写真左)は、ほぼすべての欄干やナーガ像の部材が崩落し、周囲に散乱していた。本プロジェクトにより、このエリアの欄干部材はほぼすべて元の位置が特定され、オリジナル部材で修復することができ、景観的にも大きく改善された(写真右)。

         


ナーガ像73体、シンハ像23体など修復

世界遺産は、遺跡の形状や材料などのオリジナリティを尊重する「オーセンティシティ(真正性または真実性)」が重要であると定められている。破損して崩落・散乱したまま放置された各彫像の修復にあたっては、日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の方針に従い、可能な限りオリジナル部材を生かし、遺失部の復元ではなく、これ以上の劣化・崩落を防ぐために必要な箇所への補強を行い、原位置に戻す方針がとられた。また、研究で解明された伝統的な建築技術を継承することも重視された。地元技能員たちの手で修復された総数は、ナーガ像73体、シンハ像23体、欄干の部材721部材にのぼる。

修復はオリジナリティを尊重して行われた 修復はオリジナリティを尊重して行われた

4フェーズを約8年半で完了

本プロジェクトは、バイヨン寺院全体の修復、調査研究を行う日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力を得て、アンコール人材養成支援機構(JST)の共同事業として実施された。修復は2ヵ年ずつの段階(フェーズ)に区切って進み、全体で4フェーズ、約8年半を要した(下図参照)。


未経験から現場を支える人材に

技能員9名は、『アンコール』遺跡群の保全対象地域に建つ寺子屋の村などから募集された未経験の人たちだ。中には小学校を1年で退学し、建設現場などで仕事をしてきた人もいる。プロジェクトでどのような経験を積んだか語ってくれた。

ノヴ・ソピアックさん(33)
私は考古学が専門で、現場マネージャーとして携わりました。調査、発掘、図面起こし、彫刻修復を担当し、たくさんの学びがありました。JASAのスタッフとなっても、この経験を生かしたいです。

ノヴ・ソピアックさん

コン・ラックスメイさん(35)
私は石材の修復、図面おこし、クレーン操作などを担当しました。最も習熟できたのは石材修復です。技能員仲間で知識や経験をお互いに補い、困ったときには支え合いました。

コン・ラックスメイさん

モイ・モーンさん(30)
石材修復、新材準備、石材のさまざまな処理を担当しました。JASAでも経験豊富な方々から学んで、今度は自分が技術を若い人に伝える側になりたいです。

モイ・モーンさん

技能員のメッセージ動画が当連盟HPから視聴できます。

動画①
動画②
動画③
動画④

塗り絵教材を使って体験する教育プログラム

遺跡の修復と並行して、子どもたちが自国の歴史と文化に親しみ、理解する機会を提供することを目的に、塗り絵教材を活用した世界遺産教育を行った。教材を使った学習の後、子どもたちは遺跡を訪れ、教材にあるレリーフなどを探す体験学習を楽しんだ。

バイヨン寺院の修復現場を見学する バイヨン寺院の修復現場を見学する