イベント・キャンペーンeventitem

「首里城」復興に対する募金の受付について

2019.11.01
                                                   写真提供: 首里城公園

2019年10月31日に発生した火災により、沖縄の歴史と文化の象徴である「首里城」*が焼失したことは、沖縄県の方々のみならず、日本国民にとって、例えようのない衝撃であり、大変心を痛めています。一日も早い復興を心から祈念いたします。

  

日本ユネスコ協会連盟は、首里城の復興支援に向け、募金の受付を開始いたします。

皆さまのご協力をお願いいたします。

   

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

会長 佐藤 美樹

  

■首里城復興ユネスコ募金

募金口座: みずほ銀行 恵比寿支店 普通 1568655   

公社)日本ユネスコ協会連盟


※みずほ銀行様のご協力により、以下からの募金お振込は手数料が免除となります。

みずほ銀行の窓口およびATM、みずほダイレクト、
法人様向けインターネットバンキング

*但し、総合振込扱いでのお振込は対象外となります。

※日本ユネスコ協会連盟への募金は、免税措置が受けられます。

(受付期間:2019年11月1日~2020年2月末日)

※領収書が必要な方は、お手数ですが、日本ユネスコ協会連盟(電話:03-5424-1121)までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

   

■クレジットカードでの募金について

日本ユネスコ協会連盟では、クレジットカードでの募金受付も始めました。下記よりお申込みください。

https://www.unesco.or.jp/onetime-donation/?supported_id=09

※「Yahoo!ネット募金」でも「首里城復興ユネスコ募金」へのクレジットカードによる寄付が可能です。詳細はこちらをご覧ください。

   

*首里城は、「首里城跡」として、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成資産の一つとして登録されています。

———————————————————————————————————–

◆アズレーUNESCO事務局長メッセージ

「2000年に世界遺産リストに登録された美しい首里城の悲劇的な火災を目の当たりにし、日本の人びとに深い同情と心からの連帯の意を表します。今回の火災は、全人類にとっての損失です」(アズレー氏Twitterより)

   

◆琉球王国のグスク及び関連遺産群

統一を達成し、中国、韓国、東南アジアと日本との仲介貿易で大きな役割を演じた14世紀後半から18世紀末の間の、琉球王国の特徴を表す文化遺産群。グスクと呼ばれる城塞建築が集中する沖縄本島中部を中心に、国頭から島尻にかけての次の9遺産が登録された。今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽で、重要文化財2棟、史跡7、特別名勝1が含まれている。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて