アクセスカウンター

盛岡ユネスコ協会

Welcom to morioka UNESCO



(郷土の偉人 新渡戸稲造博士 像)

ユネスコ活動に、一緒に参加しませんか?

 盛岡ユネスコ協会の太田原(おおたわら)です。

 盛岡ユネスコ協会は半世紀を越える歴史をもつ組織です。私どもの協会は昭和24年に国際的物理学者田中館愛橘博士が準備委員長となり、時の岩手医科大学々長三田定則氏(前台北帝国大学総長)を初代会長として発足しました。その後、激動の時代を乗り越えながら活動を続け、現在、会員数200名ほどの組織になっております。

 ユネスコは、教育・科学・文化を通して国際理解と平和な世界を築くことを目的とした国連の専門機関であり、私たちは、その下部組織として世界的視野に立った活動を支え、推進して行くことを目的としている民間組織です。

 ユネスコ活動は「世界寺子屋運動」や「世界遺産を守る活動」などいわゆる「平和な社会」「平和な地球」の実現を求めて活動しています。具体的には小中学生応募による「わたしの町のたからもの絵画展」、「チャリテイーバザー」「書きそんじハガキの回収」をはじめ「講演会」や「交流会」などを通じ、戦争や争いのない理想社会に向かって常に前向きな歩みを続けています。
 皆さまも、ユネスコの諸活動にぜひ関心をお持ち頂いて、私たちと一緒に草の根の諸活動にご参加頂けますよう、盛岡ユネスコ協会への入会を心からお待ちしています。

盛岡ユネスコ協会々長 太田原 弘

ユネスコとは

ユネスコとはUnited Nations Educational Scientific and Cultural Organizationの略で国連の教育科学文化機関(国連の一機関)です。「教育・科学・文化を通じて諸国民間に協力を促し、世界の平和と繁栄に貢献する」ことを目的としています。

ユネスコ憲章の前文に「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。」と謳っています。

私たちは 
一.心の中に平和の守りを固めよう
一.すべての人間の尊厳を重んじよう
一.教育・科学・文化の発展に努めよう
一.民族間の疑惑と不審をのぞこう
一.世界を友愛と信頼のきずなで結ぼう
の誓約(uneskan pledge)のもと活動を続けています。

事務局アクセス

〒020-8532
岩手県盛岡市津志田14番地37-2
盛岡市教育委員会生涯学習課内
TEL:019-651-4111(内線7343)
FAX:019-639-1516

記事メニュー