ユネスコスクール
SDGsアシスト
プロジェクト

第11期(2019年度)
「ユネスコスクール
SDGsアシストプロジェクト」
助成金

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟と株式会社三菱UFJ銀行は、「持続可能な開発目標(SDGs)」の掲げる諸目標達成にむけ、ユネスコスクールが取り組む「持続可能な開発のための教育(ESD)」の活動費用を助成する「ユネスコスクールSDGsアシストプロジェクト」を行っています。


今年度も「SDGsアシストプロジェクト」は、持続可能な社会に向けた人材育成を目指し、ユネスコスクールにおけるESD(持続可能な開発のための教育)実践に対して助成を行います。

主催:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
協力:株式会社三菱UFJ銀行
後援:日本ユネスコ国内委員会

申請する ※第11期募集は、締め切りました。

第11期助成校

ユネスコスクールを対象に、SDGs達成に向けて行われるESDの実践に対して助成を行っています。2015年に国連で持続可能な開発目標(SDGs)が採択されたのを受け、2018年度の募集より標記の通り改称しました。

本プロジェクトは、これまで1校あたり10万円を上限に助成し、これまで全国のべ910校の活動を支援しました。講師招聘のための費用や他校との交流に関わる費用など、ユネスコスクールでの活動を広げるための費用を申請することができ、大変好評をいただいています。

今年度(第11期)は、従来の10万円枠に加え、2年間の継続したプログラムを対象に上限30万円の枠を新設し、下記65校への助成を行っております。

第11期活動期間:2020年4月1日~2021年2月28日

助成校の皆さまにおかれましては、申請された事業が終了次第、速やかに事業報告書と会計報告書を、支出に関係する領収書と共にご提出お願いします。
最終の締切は、2021年3月8日(月)【必着】です。

報告書を
ダウンロードする

第11期ユネスコスクール
SDGs アシストプロジェクト
助成校一覧

助成校を確認する