UNESCO

03-5424-1121 お問い合わせ

未来に託す確かな思い

未来の平和のために何を遺せるだろう

はじめに

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟は、「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」と謳うUNESCO(国際連合教育科学文化機関・ユネスコ)憲章の理念に賛同した草の根の人たちにより、第二次世界大戦後間もない、1947年に立ち上げられたNGO(民間組織)です。

 私たち日本ユネスコ協会連盟は、UNESCO憲章の理念に基づき、市民自らの手で平和な社会を築いていこうと、世界で初めて立ち上げられた民間組織です。
    日本国内、そして海外において、相互理解を深める活動や、平和の礎を築くための活動を70年間にわたり続けてまいりました。

 『教育』や『文化交流』を通じ、人と人がつながり、互いの価値観や文化への理解を積み重ねていくことで、UNESCO憲章が謳う「平和のとりで」が築かれる・・・

 是非、皆様のご厚志を当協会連盟に託していただき、未来に向けた平和の礎を築いていきたいと願っております。責任をもってお預かりし、公益のために役立てさせていただきます。

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟
会長 佐藤 美樹

遺産によるご寄付

日本ユネスコ協会連盟への遺産および相続財産(現金)によるご寄付は、非課税となります。

 遺言によりご自身の財産を特定の人や団体に贈与することを「遺贈」といいます。日本ユネスコ協会連盟に遺贈いただくことで、子どもたちの教育支援をはじめとする活動に広く役立てることができます。

遺贈の手順

ご相談

遺贈をご検討の際には、日本ユネスコ協会連盟までご相談ください。必要に応じて、当連盟が提携する弁護士、税理士、信託銀行等をご紹介いたします。

遺言書の作成

遺贈内容、遺言執行者を決め、遺言書を作成ください。法的に有効な遺言書となるよう、専門家にご相談のうえ「公正証書遺言」による方式をおすすめします。

ご逝去後

遺言書の開示

遺言執行者から日本ユネスコ協会連盟に連絡が届き、遺言の内容を確認させていただきます。

遺言執行と財産の引き渡し

遺言が執行され、ご指定の財産が日本ユネスコ協会連盟に寄付(遺贈)されます。

受領書の発行

日本ユネスコ協会連盟から遺言執行者宛に受領書を発行します。託していただいた貴重なご寄付は、国内外の公益活動に役立てさせていただきます。

遺言書について

 遺言が法的な効力を持つためには、民法が定める方式で遺言書を作成することが必要です。遺言には、「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」等があります。「自筆証書遺言」は法務局で保管する制度があり紛失等の心配はなくなりましたが、書類に不備があると法的に無効となります。遺贈の場合は「公正証書遺言」をおすすめいたします。

公正証書遺言とは

 公証役場で証人2人以上立会いのもと、遺言者の口述内容を公証人が公正証書として作成し、関係者が署名押印します。法的に不備のない遺言の作成ができます。遺言者には正本と謄本を交付、原本は公証役場で保管され遺言書の紛失や偽造などの心配がありません。

不動産(土地、建物など)のご寄付もお受けします

 日本ユネスコ協会連盟では、不動産(土地・建物など)の遺贈もお受けします。遺言者のご意思に沿って公益目的事業に役立たせていただきます。ただし、遺言を執行するときに売却(換金)が極めて困難と思われるものについては、お受けできないこともございますので予めご了承ください。

 ご遺族が相続した財産の全部または一部をご寄付いただく方法です。故人の生前のご意思を尊重し、未来へつなぐ活動に役立てることができます。当連盟は「公益社団法人」としての認可を受けておりますので、相続された財産からのご寄付には相続税がかからないほか、相続人の方は所得税・住民税の寄付金控除も受けられます。(相続税の申告期限内のご寄付、申告書類に当連盟からの受領書と公益社団法人証明書の添付が必要です)

相続開始

ご逝去とともに相続が開始されます。
※相続税の申告期限(相続開始から10ヵ月以内)までに

ご寄付のご連絡

相続税の申告期限までにご寄付をお寄せください。その際「相続財産の寄付」であることをご連絡ください。申告に必要な書類の準備をいたします。また、ご希望により感謝状をお贈りいたします。

10ヵ月以内

受領書・証明書の発行

当連盟より受領書および公益法人証明書を発行します。相続税の申告の際に必要な書類となりますので、大切に保管してください。

相続税の申告・納付

相続税の申告書に当連盟に寄付した財産の明細書・受領書・公益法人証明書を添付して申告することで、ご寄付いただいた財産には相続税が課税されません。

感謝状をお贈りさせていただきます。

 ご家族からの相続財産を、日本ユネスコ協会連盟にご寄付いただいた場合、ご希望により感謝状をお贈りさせていただきます。ささやかではありますが、感謝の気持ちをお受け取りください。

 ご葬儀に寄せられたお香典・お花代に対して、お香典返しに代えて社会貢献としてご寄付いただく方法です。当連盟ではご会葬者の方々にお送りいただくお礼状をご用意しています。ご遺族からご会葬者の方々に出されるご挨拶状に同封してお使いください。なお、当連盟へのご寄付は、所得税・住民税の寄付金控除の対象となります。

私たちの活動と、現地の声

日本国内での主な活動

 戦後間もない時期より、時には日本国内の学校や大学等と連携し、また時には全国各地を対象に参加を呼びかけ、グローバルな視野を持ち、文化の多様性を尊重できる青少年の育成に取り組んでまいりました。

参加者の声

カンボジアへのスタディツアーに参加した高校生の声

実際に寺子屋に行ってみて驚いたのは、普通の学校と一見変わりないことでした。
“もし寺子屋がなかったら、この大勢の子どもたちは十分な教育が受けられずに大人になってしまうはずだった”という実情を突きつけられた気がしました。
現地で出会ったさまざまな方たちから多くの刺激を受けることができ、私の中で海外支援への気持ちが大きくなりました。

地域でのボランティア活動に参加した高校生の声

ゴミ拾いをしているうちに、いままで誰かがやってくれるだろうと思って、見て見ぬふりをしていたことに気づき、生活の中でも、気がついた人の責任と思うようになり、私生活での姿勢が少しずつ変わりました。

 震災等により、大きな被害を受け、経済状況が悪化しているご家庭の子どもたちに返済不要な奨学金支援や教育支援活動を直接実施しています。

◯ 震災による教育復興支援 2011年~
◯ 対象地域:岩手県・宮城県・福島県・熊本県

奨学生の声

東日本大震災で被災し、奨学金を受けている中学生の声

東日本大震災から6年が経ちましたが、まだ僕たちのことを忘れずに支援してくださって本当にありがとうございます。僕は先日、地元の公立高校を受験しました。いまはその結果をドキドキしながら待っているところです。もし合格したら、いただいた奨学金で制服や教科書など必要なものをそろえたいと思います。高校の勉強についていけるようにがんばりたいです。

東日本大震災で被災し、奨学金を受けている高校生の声

皆さまの募金によって成り立った奨学金のおかげで、無事に高校へ進学することができました、感謝の気持ちを忘れずに、これからの高校生活を充実させていきたいと思います。高校を卒業したら、これからの社会を担っていける人間になりたいです。奨学金のおかげで高校に進学できたように、私もいつか誰かを助けられるようになりたいです。

「東日本大震災教育復興支援レポート2016」より

 時代の変化と共に失われつつある日本全国のかけがえのない文化や自然を、地域の人びとの手で守り、100年後の子どもたちに残し、伝えようとする『プロジェクト未来遺産』という活動をしています。

◯ 未来遺産プロジェクト支援 2009年~
◯ 対象地域:全国各地

現地の人の声

未来遺産に登録された、「鞆の浦」の歴史や文化などを守る活動の代表の声

「鞆の浦」の埋め立て計画を食い止めようと私たちの活動は始まりました。「県は鞆を埋め立ててはならぬ。」という判決が下された瞬間、涙を流しながら抱き合って喜んだ光景を忘れることはできません。鞆を維持するためには大変な努力がいります。しかし、この町並みがあるからこそ、鞆のコミュニティが今でも維持できているんだという自負があります。「鞆の浦」を子どもたちの世代、そしてさらにその先の「未来」へ引き継いでいくために、これまでの取り組みを継続し発展させながら、発生する課題を解決していきたいと思います。


海外での主な活動

 国連が掲げた2030年に向けた「持続可能な開発目標」(SDGs)では『教育』が重要な位置付けとなっています。私たちは、貧困のサイクルを断ち切り、平和の礎を築くためには、「学び」こそが一番重要であるとして、「世界寺子屋運動」と名付けた”日本発の支援”を1989年から実施しています。
 「世界寺子屋運動」では、途上国で公教育も受けられずにいる、または小学校を中途退学せざるを得なかった、読み書きのできない子どもや大人を対象に学びの場を提供し、手に職をつけると同時に、人材育成によって自立した”持続可能な社会づくり”を応援しています。
 また、医療や保健、食料の支援活動として、私たちの日々の食事の「スプーン一杯」分を途上国の人たちに提供しようをいう事業も、同時に行っています。

◯ 世界寺子屋運動 1989年~
◯ 一杯のスプーン 1975年~
◯ 支援地域:アフガニスタン・カンボジア・ネパール・ミャンマー ( 2020年現在 )

現地の人の声

ネパールの寺子屋で学ぶ子ども(12歳)からのメッセージ

私はこのクラスに参加するまでは、学校に行くチャンスがまったくありませんでした。日本の皆さまのご支援によって、マドバニ寺子屋の小学校クラスに通えるようになりました。とてもうれしいです。このクラスを卒業したら、公立の学校に進学したいと思います。教育をはじめ、さまざまな活動を支援してくださる日本の皆さまに感謝しています。

アフガニスタンのサハ診療所で医療支援を受ける子の父親からのメッセージ

私の息子が病気になり、この診療所に連れてきました。普通の病院だと治療費がとても高く、支払うのが難しいです。でも、ここはちゃんとした診療所なのに薬も無料でくれるので助かっています。

 教育が十分に行き届かない途上国などでは、世界遺産を将来にわたって守り、自分たちの力で次の世代へと引き継いでいくための技術や資金、人材が不足している場合もあります。私たちは現地の人たち自身の手により遺跡の保存や修復が行えるよう人材の育成や技術の伝承を行っています。また同時に、学校の教員や次世代を担う子どもたちが自らの文化や自然に誇りを持ち、自らの手で世界遺産を守り伝えていけるよう、世界遺産教育にも力を注いでいます。

◯ 世界遺産活動 1994年~
◯ 支援地域:カンボジア ( 2020年現在 )

現地の人の声

カンボジアで日々働く遺跡修復メンバーからのメッセージ

2012年当初からのバイヨン寺院遺跡修復メンバーとして働いています。石の接着を得意としていて、作業にとても誇りを持っています。最初は”ただの石”だと思っていたけれど、今はアンコールの歴史を私たちに伝えるとても重要な”歴史の証人”だと思っています。修復作業は楽しく、自分の家族にも石の磨き方や接着、彫刻など、自分がやっている作業について話しています。

ご寄付の事例

 手塚祐貴さん(仮名)が肺水腫により急逝したのは平成17年1月4日のことだった。享年28歳。新年を郷里の福井県で父、母、姉と共に楽しく過ごした直後の出来事はご家族にとって受け入れ難い悲報となった。

 幼い頃はサッカーを楽しみ、高校では将棋部に所属した。大学は親元を離れ、大学卒業時には大学院進学も考え合格通知も手にしていたが、長男として親元で働く道を選び、福井県庁に就職した。

 県庁で働きながら、読書好きの祐貴さんはいつの頃からか国会図書館で働きたいという夢を抱くようになっていた。しかしそれは長男として地元で就職した祐貴さんが、福井を離れ東京で勤務することを意味する。常に親を大切に思ってきた祐貴さんは迷い苦しんだ。そんな祐貴さんを見て、その背中を押したのは、自らの親の商売を継ぎ、つらい思いをした父、貴志さん(仮名)だった。「お父さんには感謝してもしきれない」という言葉を照れくささからか母にだけ残していた祐貴さん。

 念願の国会図書館勤務が決まり、東京に住まいを移し、希望に燃えて働いていた祐貴さん。家族はそんな祐貴さんを福井から見守っていた。

 ところが…無断欠勤など絶対にないはずの祐貴さんが職場に現れず、連絡も取れない状況に職場の上司が祐貴さん宅を訪れ、冷たくなった祐貴さんを発見した。

「親として、眠るような安らかな顔だったから、苦しまずにすんだんでないかってそう思うようにしてるんです。今回の震災ではもっと皆さん辛い思いをされてると思う」と母、純子さん(仮名)。その純子さんを今では祐貴さんと貴志さんの二つの遺影が見守る。祐貴さんの死を受け止めようにも受け止められずにいた貴志さんは、祐貴さんの死から5年たった平成20年4月、病に抗いきれず、まるで祐貴さんを追いかけるようにして祐貴さんのもとに旅立った。

 祐貴さんが常日頃、「自分はしたいだけ勉強させてもろて感謝してるけど、世界にはまだまだ学びたくても学べない子がぎょうさんいるんやの。教育は一番大切な基本のことやで、皆が学べるようになるといいんやって、いつも思ってるんや」と話していたこと、そして祐貴さん自身が大学院に進学し、もっと学びたいという強い思いを持ち、倹約しながら貯金していた事もご両親はよく知っていた。

 息子の気持ちを大切にしたいという思いから、純子さんはいつしか祐貴さんがコツコツと貯めたお金を社会のために役立てられないか、できれば祐貴さんが一番喜ぶ形で役立てたいと考えるようになった。いろいろな団体の活動を調べた結果、小学校にすらいけない子どもや大人に学びの場を提供している『世界寺子屋運動』への遺贈を決めた。

お問い合わせ・資料請求

遺産のご寄付に関するパンフレットをご用意しております。遺贈についてもっと詳しくお知りになりたい方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先:公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟 遺贈担当
※ 平日 10:00~17:00 (年末年始休業あり)

メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ

(03)5424-1121

FAXでお問い合わせ

(03)5424-1126