未来遺産運動Heritage for the Future Project

未来遺産運動について

  • 「遠野物語」の文化的景観を守る(岩手県遠野市)
  • 和歌山県_海南市
  • こども狂言教室(山口県山口市)

日本の素晴らしい文化や自然は、長い歴史の中で先人たちの知恵や工夫によって育まれてきた、今の時代を生きる私たち日本人一人一人の財産です。その大切なたからものを子どもたちへ残し、未来へ向けて文化や自然を守り、継承していこうと取り組む市民活動が日本各地で行われています。

そうした活動を「プロジェクト未来遺産」として登録し、地域内外の企業や個人による応援の輪を広げ、日本全体で応援する未来遺産運動を推進しています。

未来遺産運動概要

開始年
2009年
選定プロセス

未来遺産 選定プロセス

募集対象

・市民が主体となって地域の文化(建造物や遺跡などの有形文化、演劇・技術・祭りなどの無形文化)を守り、継承するプロジェクト

・市民が主体となって自然(自然景観や生態系)を守り、継承するプロジェクト

・自然災害からの自然・文化の復興をテーマとするプロジェクト

審査基準

①メッセージ性

地域の文化や自然を未来へ継承するという明確なメッセージをもつもの。

②モデル性

類似する課題を抱える他の地域へのモデルとなり、他地域への波及が見込まれるもの。

③次世代育成

次世代を担う子どもや若者を巻き込んでいるもの。

④地域活性化

第三者(個人・企業など)が参加できる仕組みがあり、地域活性化につながっているもの。

⑤独自性

先進性や創造性など、独自性が見られるもの。

「プロジェクト未来遺産」の登録後

(1) 顕彰

① 「プロジェクト未来遺産」として登録された活動の顕彰、登録証が授与されます。

② 「プロジェクト未来遺産」登録時に応援金20万円が贈呈されます。

(2) 活動・PR支援

① 各団体は、地域における市民活動の担い手として、「プロジェクト未来遺産」のPRができます。

② 当連盟のホームページや、パンフレット等に登録された活動を掲載いたします。

③ ご後援いただいている読売新聞等に活動を掲載いたします。

特別協力
東日本旅客鉄道株式会社、住友ゴム工業株式会社、ジェットスター
後援
読売新聞社、総務省、農林水産省、観光庁、公益社団法人 経済同友会、ほか (2018年5月現在)

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて
  • MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金
  • アクサ生命×日本ユネスコ協会連盟の減災・防災プログラム
  • 守ろう地球のたからもの
  • 未来に託す確かな思い 遺贈について
  • 絵日記を通じて交流の輪を広げる「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」
  • ESDパスポート
  • ESDポータルサイト
  • つながる募金
  • 書きそんじハガキキャンペーン実施中!
  • 都営三田線にユネスコ世界寺子屋運動の広告掲載!
  • 教育現場の皆さま|支援のお願い
  • 教育現場の皆さま|支援のお願い