お知らせ・ニュースNews

ピックアップPickup

【活動報告】ネパール寺子屋・小学校クラスのいま

|世界寺子屋運動|

世界寺子屋運動・ネパール寺子屋プロジェクトの教育活動の最近の様子です。 釈迦の生誕地で世界遺産を擁する南部ルンビニの2郡と、その近隣郡にある寺子屋21軒で、貧困などのため学校に行ったことがない、あるいは学校を途中で退学した子どもたちのため、小学校と同等のクラスを開いています。 小学校クラスで笑顔を見せる子ども 小学校の課程を3年間で学ぶコースで、科目はネパール語、算数、英語、理……

「災害子ども教育支援」事業を開始 

|東日本大震災子ども支援募金「ユネスコ協会就学支援奨学金」|

~ いつか起こる災害から、子どもたちの未来を守るために ~ "その時" のために、今から できること。 . 東日本大震災から11年。 自然災害は、これから先も、いつ、どこで、起こるか分かりません。 . 地震、津波、台風、豪雨、土砂災害は、毎年のように日本各地で大きな被害をもたらしています。また、南海トラフ地震や首都直下地震などの巨大地震は、今後30年以内に70……

令和6年能登半島地震 募金ご協力のお願い

|information|

お知らせ 「令和6年能登半島地震」災害子ども教育支援募金へのご寄付について、多くの方々よりご協力をいただき誠にありがとうございます。「災害子ども教育支援募金」は、下記のご寄付方法による現預金でのご寄付のみお受けさせていただいております。書きそんじハガキ・キャンペーンでお寄せいただいたハガキおよび切手等の金券類は、例年通り「世界寺子屋運動」の支援に役立てさせていただきますので、「災害子ども教育支援……

ウクライナ支援報告・スロバキアより③

|information|

©People in Need Slovakia ユネスコ協会ウクライナ緊急募金は、ピープル・イン・ニード・スロバキア(PINSK)と地域社会や協力団体との連携によっても幅広く、心理ケアなどさまざまなニーズに寄り添った形で活用されました。 ウクライナ侵攻当初の緊急下では、PINSKのような人道支援専門団体だけでなく、避難民が逃れた先の地域で暮らす多くの人びとが支援活動にあたり……

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

mail magazine

  • MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金
  • アクサ生命×日本ユネスコ協会連盟の減災・防災プログラム
  • 絵日記を通じて交流の輪を広げる「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」
  • 未来に託す確かな思い 遺贈について
  • 書きそんじハガキキャンペーン実施中!
  • ユネスコスクールSDGsアシストスクール
  • つながる募金