東日本大震災教育復興支援
これまでのあゆみ
About Us

2011年3月11日の地震とその後の津波によって、教育現場においても子どもたちの学ぶ環境が危機に陥りました。

日本ユネスコ協会連盟は、被災地の現場の声を大切にし、復興の担い手となる子どもたちのために被災地の教育復興に取り組んでまいりました。

ユネスコ協会就学支援奨学金への寄付はこちら

東日本大震災子ども支援募金

私たちが取り組んだことOur wish

学校への緊急物資支援

2011年度完了

学校を再開するために、まず行ったのが緊急物資支援でした。被災により学習に必要な備品が流失してしまったため、144校・2教育委員会に対し、学校のニーズにあわせて、教材や体育用具などの支援物資を届けました。また、仮設住宅や避難所と学校をつなぐスクールバスも支援しました。

文化・郷土芸能への支援

2011年度~2013年度完了

震災によって危機に瀕した東北の祭り・文化を救ってほしい。そんな被災地の声を受けて、失われつつある日本の自然・文化を未来へ伝える「未来遺産運動」の一環として、人びとの気持ちをつなぐ郷土芸能や祭りへの物資支援を実施しました。

心のケア支援

2011年度~2015年度完了

自信と津波への恐怖から強い不安を抱いている子どもたちの、心理的ストレスをやわらげるために、夏休みにキャンプや絵画コンテストなどを実施しました。

社会教育・コミュニティ支援

2011年度~2018年度完了

被災地では、仮設住宅で暮らすなど、生活環境が大きく変化しました。被災地のコミュニティ再生を目指して、コミュニティ図書館、学童保育所、移動図書館車、相撲場などを支援しました。

ユネスコ協会就学支援奨学金

2011年度~継続中

経済状況が悪化したご家庭の子どもたちが安心して学校に通えるように、返還不要の奨学金を3年間にわたって支援する活動を行っています。支援を必要としている子どもたちのために、皆さまからの募金のご協力をお願いいたします。

MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金

2011年度~継続中

両親もしくはいずれかの保護者が死亡・行方不明になってしまった子どもを対象とした、返還不要の奨学金を支援しています。その他、TOMODACHI・MUFG国際交流プログラムなど、子どもたちの心豊かな成長を応援する支援も行っています。

(※本基金は企業様との協働事業のため、一般の方からの募金は受け付けておりません。)

アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラム

2014年度~継続中

東日本大震災の経験や教訓を全国の学校防災につなげるために、学校への活動助成、教育研修会、実践報告会を実施しています。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて
  • MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金
  • アクサ生命×日本ユネスコ協会連盟の減災・防災プログラム
  • 絵日記を通じて交流の輪を広げる「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」
  • 未来に託す確かな思い 遺贈について
  • 書きそんじハガキキャンペーン実施中!
  • ユネスコスクールSDGsアシストスクール
  • ESDポータルサイト
  • つながる募金