減災教育と自然災害発生後の教育支援educationsupportitem

ベラルーシ共和国から届いた福島へのエール!

2013.02.25

白樺の森に包まれた美しい東欧の国・ベラルーシ共和国。
1986年のチェルノブイリ原発事故で大変な放射能被害を受けました。当時、日本ユネスコ協会連盟は、ベラルーシの子どもたちを救うために募金活動を行いました。

それから25年後に起こった福島第一原発事故。
事故の知らせに心を痛めた同国の子どもたちが、福島の子どもたちを応援するために心をこめて絵を描いてくれました。

1_20130225.jpg

 
それらの絵画を今月25日(月)~3月7日(水)まで、東京の『アトレ吉祥寺』で展示します。今週はぜひ吉祥寺へ!

~白樺の国からのメッセージ~
ベラルーシの子どもの絵展示会 in アトレ吉祥寺
■期間:2013年2月25日(月)~3月7日(水) 10:00~21:00
■場所:アトレ吉祥寺店 B1F ゆらぎのひろば
■アクセス:JR吉祥寺駅から直結
アトレ吉祥寺店ホームページはこちら

2_20130225.jpg  3_20130225.jpg
『光の天使』                                      『時は癒す』

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて