減災教育と自然災害発生後の教育支援educationsupportitem

港から活気づいてきた気仙沼

2014.04.18
honma.JPG

こんにちは、広報担当の本間です。
先日、取材で気仙沼を訪れました。

気仙沼といえば、カツオやサンマ。
サメの水揚げでも有名です。

サメといえば、高級食材のフカヒレ!
気仙沼では、フカヒレを使ったスープやお菓子など
さまざまな加工品があります。

震災で漁港や冷凍冷蔵庫、水産加工施設なども
大部分が被災しました。

私たちが取材させていただいた奨学生のご家庭でも
水産業に関わる方が多くいらっしゃいます。

震災直後は失業してしまったとおっしゃっていましたが、
港の復興とともに、「前の水産加工業の仕事に戻ることができた」という声を聞きます。

気仙沼漁港の様子です。

1_0418.JPG

気仙沼港に入ってくる船。
2_0418.JPG

養殖施設が全滅したあと、牡蠣イカダ施設などすべてをゼロから再開して、
ようやく育った牡蠣やホタテ。やっと笑顔が戻りました。
3_0418.JPG

気仙沼漁港がさらに活気づき、気仙沼の復興につながることを願ってます。

※写真:馬場龍一郎

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて