SDGs達成に向けた次世代育成sdgsitem

第5回「私のまちのたからものコンテスト」 受賞作品決定!

2014.02.28
子どもたちがふるさとの伝統と文化の素晴らしさを学び、紹介する「私のまちのたからものコンテスト」。本コンテストは、100年後の子どもたちに日本の豊かな文化や自然を伝えることを目的にした未来遺産運動の一環で行われております。
この度、2013年度の受賞作品が決定いたしました。今年は長野県より初の受賞校が誕生しました。
■2013年度受賞作品■
1、最優秀賞 ◇日本ユネスコ協会連盟賞
学校名・学年・制作者:北海道札幌平岸高等学校 1年生 石川萌、太田茅乃
作品タイトル:『ニシンのまちに受け継がれてきたもの』
【生徒より】作品に込めた思い:
小樽祝津地区はかつてニシン漁が盛んだったので、祝津ならではの食文化が受け継がれています。私達はこの伝統を多くの人達に伝え、未来の子供達にも伝えていきたいと思いました。
2、優秀賞 ◇D-project賞
学校名・学年・制作者:沖縄県金武町立中川小学校 4・5年生 喜友名希奈、久高盛弥、花城舞夏、前堂桃佳、油井菜乃子
作品タイトル:『マングローブ林を守ろう』
【生徒より】作品に込めた思い:
私たちの校区内にある億首川にはマングローブ林があります。調査をしてみてたくさんの植物や動物たち、長い距離を旅してくる渡り鳥がいることに気がつきました。私たちはこの川をずっと守っていきたいです。
3、優秀賞 ◇あいおいニッセイ同和損害保険株式会社賞 
学校名・学年・制作者:信州大学教育学部付属松本中学校・2年生 花岡大地、宮澤拓真、花村能至、榎本暉央、豊森裕介
作品タイトル:『「水の都」松本』

【生徒より】作品に込めた思い:
北アルプスや美ケ原の雪解け水の伏流水によって松本には井戸が豊富にあります。近年、地球温暖化の影響で水量が減少していることを知りました。松本の宝を失わないために自分たちは何をすべきか考え、製作しました。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて