世界寺子屋運動terakoyaitem

ネパール大地震 現地報告②~被災されたゴビンダさんの暮らし~

2015.09.25
カトマンズの南のラリットプール郡にあるシディプール寺子屋の近くに住んでいるゴビンダさん(42歳)は、4月25日のネパール地震で被災されたお一人です。
1_20150925.JPG
                          ↑ ゴビンダさんご一家(右から2人目がゴビンダさん)
震災前は煉瓦造りの4階建ての家に住んでいましたが、地震により倒壊してしまいました。
3_20150925.JPG
                          ↑ ゴビンダさんのご自宅
                 

4_20150925.JPG

                            ↑ 倒壊したゴビンダさんのご自宅
大きな揺れを感じて外に出たゴビンダさんは、義理のお父さんがまだ家の中に残っていることに気づきました。お義父さんを部屋から連れ出し、自分も外に出ようとした矢先、家が崩れ、崩れたレンガの下敷きになってしまいました。なんとか近所の人に助けられたゴビンダさんですが、骨折などの大けがをして入院し、何度か手術も受けました。
                           
ゴビンダさんは現在、寺子屋が支援をした仮設住宅で夫と義理の両親、そして二人の子どもと生活しています。
2_20150925.JPG
                      ↑  ゴビンダさんの住む仮設住宅 
震災後、それまで働いていたホテルも被災したため何カ月も収入が得られていません。夫も以前交通事故でけがをしたため、生活は厳しい状況です。寺子屋や地域の団体などの支援によって何とか生活をしていますが、二人の子どもを学校に通わせる費用(制服や文房具代)や治療のための薬代などの出費も家計を圧迫しています。
日本ユネスコ協会連盟では、ネパール中部で発生した大地震の被災者の生活再建のため、寺子屋を通じた支援を継続していきます。引き続きネパール地震への募金にご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。
——————————————————————–
■募金先■ 郵便局の下記の口座まで
記号番号:00190-4-84705
加入者名:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
(通信欄に「ネパール地震」とご記載ください。なお、手数料は無料です。)
※日本ユネスコ協会連盟への寄附金は、寄附金控除等の対象となります。詳しくはこちら
——————————————————————–

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて