プロジェクト未来遺産

2013年度登録

ドブ川化した川を市民力を結集して蛍が乱舞する清流に再生・復活

(どぶがわかしたかわを しみんりょくをけっしゅうして ほたるがらんぶするせいりゅうに さいせい・ふっかつ)

活動概要・エリア

「水の都・三島」の水辺自然環境を代表する源兵衛川は、市立公園「楽寿園」の小浜池に水源を発する農業用水路であり、下流部約230haの水田地帯に用水を供給している。しかし、1960年代以降、上流地域での地下水の汲み上げによる湧水の減少や、ゴミの投棄、生活雑排水の流入等により、水辺環境の悪化が進行してドブ川と化した。そこで多くの市民や団体が立ち上がり、特定非営利活動法人グラウンドワーク三島を調整・仲介役として、原風景・原体験の再生をコンセプトに市民発意による多様な環境改善活動が展開された。その結果、ゲンジボタルやカワセミ、ホトケドジョウやミシマバイカモなど、都市部の河川としては他に類を見ない豊かな生態系をもつ水辺自然空間が再生・復活している。現在も、「源兵衛川エコレンジャー」の若者・市民の育成や小学校での環境出前講座の開校等、生物多様性を維持する次世代の体制づくりを進め、水の都の宝物を守り育てる市民主導の活動を継続している。

フォトギャラリー

代表者

専務理事 渡辺 豊博

プロジェクト未来遺産に登録後、源兵衛川は、2016年に「世界かんがい施設遺産」、2018年に「世界水遺産(World Water System Heritage)」にも登録され、世界に誇れる三島の宝として年々その価値を向上させています。メディアに取り上げられる回数や源兵衛川を目当てに三島に訪れる観光客も増加しており、三島のまちの魅力向上・活性化にも着実につながっています。今後も美しい源兵衛川を後世に残せるよう、日々の維持管理を始め、更なる魅力アップや人材育成・教育活動に取り組んでいきます。

参加者

観察会に参加した
小学4年生

源兵衛川のことをくわしく教えてくれてありがとうございます。ぼくはみんなが協力して源兵衛川をきれいにしたことが心にのこりました。

観察会に参加した
小学4年生

川がきたない時10年もかけて、川をきれいにしてくれたから、ぼくは、できるだけむだに水をつかわないようにしたいです。

活動の主な参加者

三島の市民ボランティアや子どもたち

団体情報

団体名
特定非営利活動法人グラウンドワーク三島
団体所在地
〒411-0857 静岡県三島市芝本町6-2
連絡先
055-983-0136
リンク先
特定非営利活動法人グラウンドワーク三島 HP
SNS
Facebook

団体からのメッセージ

源兵衛川の維持管理作業や生き物観察会を含め、本会では毎週土曜日を中心にさまざまな実践地でのイベントを開催しています。イベントの情報は随時当会HPでお知らせしています。東海道新幹線・三島駅から徒歩5分で清流・源兵衛川に出会える街・三島市にぜひ遊びに来てください。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて