プロジェクト未来遺産

2013年度登録

椹野川 もり・かわ・うみを再生し人と人をつなぐプロジェクト

(ふしのがわ もり・かわ・うみをさいせいし ひととひとをつなぐぷろじぇくと)

活動概要・エリア

山口県山口市の中心を流れる椹野川の流域は、中流域ではホタルが飛び交い、河口干潟ではカブトガニの産卵が見られるなど、豊かな自然を残す一方で、森林の荒廃や、川や海の漁獲量の減少など環境の変化も顕在化している。この森・川・海でつながる流域を1つの活動フィールドとして、住民、事業者、民間団体、大学等が連携・協働し、上流域では源流の森づくり、中流域ではアユの産卵場づくりや清掃、下流域では干潟耕耘等、里海の再生活動を行い、ファンクラブや生きもの募金を活用しながら、豊かな自然を未来に引き継ぐ取組を展開している。

フォトギャラリー

代表者

会長 山本 伸雄

活動の認知度が向上するにつれて、地元小学校の「総合的な学習の時間」との連携が進み、次世代を担う可能性のある地元の若年層に理解を深めてもらうことができた。 また、生徒が学習を進める中で、自発的に協議会の活動や地元の環境を理解し、地域住民等への情報発信や啓発活動にも携わってくれた。

参加者

小学5年生
Aくん

1学期の時は地元の干潟のこととかを全然知らなかったけど、2学期に入ってから、だんだんわかるようになってきて、ハゼやカニなどをたくさん見つけることができ、うれしかったです。

活動の主な参加者

地域の小学生、地域の企業や団体とその家族、大学生

団体情報

団体名
椹野川流域連携促進協議会
団体所在地
〒753-0074 山口県山口市中央4丁目5-16 6F (ライフスタイル協同組合 内)
連絡先
090-1689-5273(担当 船崎)
リンク先
山口市 HP(「椹野川河口干潟・山口湾の『里海』の再生」)
SNS
Facebook(椹野川河口域・干潟自然再生協議会)

団体からのメッセージ

椹野川流域には、上流の四季の森(紅葉)、中流の一の坂川(桜、ホタル)、下流・山口湾の広大な干潟(渡り鳥や野鳥の休息地、全国的にも希少なカブトガニの生息地)があります。 椹野川流域のもり・かわ・うみに来てみませんか?

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて