プロジェクト未来遺産

2013年度登録

博多湾・和白干潟の自然保護活動

(はかたわん・わじろひがたの しぜんほごかつどう)

活動概要・エリア

博多湾・和白干潟は日本海側にある約80haの干潟(和白海域は300ha)である。東アジアの渡り鳥の渡来地として重要な湿地で、自然海岸のある干潟として「にほんの里100選」にも選ばれている。和白干潟を守る会は保全活動に取り組んで30年以上になる。自然観察会や和白干潟まつり・クリーン作戦・鳥類調査・和白干潟通信やパンフレットなどの発行・ホームページでの広報などの多くの活動を続けている。活動の中で和白干潟の海底湧水を知り、山・川・海の連携活動にも取り組むと同時に、湿地を保全する国際条約であるラムサール条約への登録を目指している。

フォトギャラリー

代表者

代表 山本 廣子

プロジェクト未来遺産に登録されたことで、和白干潟は100年後の子どもたちに残していきたい自然であり、守る活動であることが認識できて、地域へも伝えることになりました。

参加者

大学生

和白干潟のクリーン作戦に参加して楽しかった。きれいになって良かった。

小学生

観察会では望遠鏡で鳥を見せてもらって感動した。干潟の生きものがたくさんいて、楽しかった。ゴミが多いので、拾えてよかった。

活動の主な参加者

地域の大学生、高校生、企業、一般市民

団体情報

団体名
和白干潟を守る会
団体所在地
〒811-0202 福岡県福岡市東区和白1-14-37
連絡先
092-606-0012
リンク先
和白干潟を守る会 HP

団体からのメッセージ

和白干潟は自然海岸のある干潟として「にほんの里100選」に登録されています。渡り鳥の渡来地としても重要な場所です。ラムサール条約に登録して未来へ守っていきたいと願っています。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて