プロジェクト未来遺産

2015年度登録

次世代につなごう!!「千年サンゴ」保全プロジェクト

(じせだいにつなごう!! せんねんさんご ほぜんぷろじぇくと)

活動概要・エリア

「千年サンゴ」の愛称で親しまれている世界最大級のコブハマサンゴを、深刻化する食害被害から守るための活動。サンゴを食べるオニヒトデや巻貝の駆除、保全活動に必要なボランティアダイバーの育成のほか、町内の小学校での環境教育など次世代育成にも力を入れている。

フォトギャラリー

代表者

理事長 浅香 新八郎

プロジェクト未来遺産に登録されたことで、100年後に残していきたい、伝えていきたい思いが歌となり、踊りとなって運動会や学習発表会に賑わいを与えてくれました。

参加者

60代
K.N.さん

水質の評価は「きれいな海」であるが、生物環境の評価が「ややとぼしい」となっている。昔の人もきれいな海には魚は棲まない、と言っている。

活動の主な参加者

地域の子どもたち

団体情報

団体名
千年サンゴと活きるまちづくり協議会
団体所在地
〒775-0005 徳島県海部郡牟岐町大字灘字下浜辺198-1
連絡先
0884-72-2520
リンク先
千年サンゴと活きるまちづくり協議会HP

団体からのメッセージ

生物環境調査ならびにサンゴ保全活動は年4回続け、海中環境に興味を持ってももらうために、ビーチクリーンやビーチコーミングを行っています。その様子を当会HPでお知らせしているのでご覧ください。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて