プロジェクト未来遺産

2018年度登録

昭和新山ジオツアー減災文化継承プログラム

(しょうわしんざんじおつあー げんさいぶんかけいしょうぷろぐらむ)

活動概要・エリア

活火山である昭和新山は、昭和18年から20年にかけての噴火活動で誕生。団体の代表個人が所有する昭和新山を地域住民の学びの場として提供している。後の火山学に大きな影響を与えた「ミマツダイヤグラム」と呼ばれる新山生成記録の説明や、地熱を体感するジオツアーを実施し、科学者や行政、企業とも協力しながら防災・減災意識の向上に取り組み、火山との共生文化を次の世代につなぐことを目的としている。

フォトギャラリー

代表者

代表理事 三松 三朗

地元の子どもたちは生きている火山を体感することで、地域愛と災害から逃れる行動の認識が高まっていると感じます。 札幌市内の企業の若手社員研修では、独自に昭和新山を学びの場として選び、有珠山周辺の減災文化を学びに来訪され、講演会の依頼をうけました。参加者からは「危機管理について知らなかったことを学べた。わが身に振り替えることが何より大事だと感じた」と感謝されました。

参加者

小学5年生
Kくん

山の地熱を感じ、昭和新山に登ってみたら、きつかったけど、普段住んでいる家と火山がこんなに近いのだと驚いた。噴火が起こったら怖いけど、身近にこんな火山があるのは誇らしい。でも噴火が起こりそうになったら、勇気を持って逃げたい。

活動の主な参加者

壮瞥町こども郷土史講座参加者、札幌市内企業社員

団体情報

団体名
NPO法人 有珠山周辺地域ジオパーク友の会
団体所在地
〒052-0101 北海道有珠郡壮瞥町字滝之町384-1
連絡先
090-1302-4010
リンク先
NPO法人有珠山周辺地域ジオパーク友の会HP
SNS
Facebook

団体からのメッセージ

当会では火山防災啓発事業として年に1度、昭和新山登山学習会を実施しています。活火山である昭和新山に入山許可を得て、火山マイスターが同行案内、災害による被害を減らすための知識を学びます。定員が少数のため大人数には適しません。 火山噴火の影響を受ける環境で、火山とともに共生し、学ぶことで災害を減らそうとする取り組みを日夜続けることにより、今ある命を次世代につなぐことが可能となる、ということを信じて活動を継続していきます。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて