プロジェクト未来遺産

2019年度登録

美濃流し仁輪加~地方に華咲く言葉の文化~

(みのながしにわか ~ちほうにはなさくことばのぶんか~)

活動概要・エリア

仁輪加は、上方の落語等に大きな影響を与えた芸能史上重要な即興的な寸劇。「美濃流し仁輪加」(記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財)の伝承が危ぶまれたことをきっかけに、コンクールという新しい形式を加え、飛躍的に伝承意欲を活性化させ、技術的な向上も視野に入れた取り組みが進められている。同時に、「小学校版仁輪加」の指導、披露の場を創出し、仁輪加の演じ手として親しむ機会を提供することで、確実な継承を目指している。

フォトギャラリー

代表者

美濃市仁輪加連盟会長 豊澤 正信

江戸時代から続く伝統芸能仁輪加は、隆盛と衰退とを繰り返し、魅力を200年維持するには知恵が必要でした。毎年題材が繰り返しの時代から、毎年新作に代わり、言動が制約された時代に、自由の言葉を持たせ、参加団体のやり甲斐の向上を目的に、コンクールを50年行ってきました。今回のプロジェクト未来遺産への登録により、関係団体だけでなく、地域全体で伝統文化への誇りがさらに高まり、維持継承されるように地域の底力を見せていきたいです。

活動の主な参加者

各自治会を母体とした15団体 (20~60歳代の幅広い年齢層の10人~30人で構成される。主に若年層は役者を担当、ベテラン勢はお囃子を担当する。)

団体情報

団体名
美濃市仁輪加連盟
団体所在地
〒501-3792 岐阜県美濃市1350 美濃市産業振興部美濃和紙推進課内
連絡先
0575-33-1122
リンク先
美濃流し仁輪加のページ(美濃市観光協会 HP内)

団体からのメッセージ

仁輪加とは、美濃で江戸時代から続く伝統芸能で、最後に落ちが付く即興劇です。正式名は「美濃流し仁輪加」とよばれ国選択無形民俗文化財に指定されています。四月に行われる「美濃祭り」で、夕方より町並みの辻で披露されます。ぜひ一度、伝統的建造物群保存地区(うだつの町並み)で行われる仁輪加を見てください。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて