減災教育と自然災害発生後の教育支援educationsupportitem

チェルノブイリから励ましのお便りが届きました

2012.01.05

tergami2_0105.jpg

1986年4月、ウクライナ(旧ソ連)でチェルノブイリ原子力発電所で事故が発生しました。この事故で白血病などの健康被害を受けた子どもたちが、治療を続けながら絵を描いていました。それを日本ユネスコ協会連盟は、とりまとめ、1991年に日本各地で展示会を開催し、募金を集め、チェルノブイリの子どもたちに送りました。

 このたび、当時の支援先の代表ラリサ・チェルニーナさんから、福島第一原子力発電所事故で被災した皆様へメッセージが届きましたので、一緒に送られてきた写真とともに、ご紹介します。

 「親愛なる日本ユネスコ協会連盟の皆様、日本の皆様 こんにちは

 20年前の1991年、チェルノブイリの子どもたちの絵画展が、日本ユネスコ協会連盟のご協力で開催され、また日本からご支援・ご寄付をいただいたことを、私たちは決して忘れておりません。

 悲惨な災害を受けた日本の皆様に、ベラルーシの子どもたちが、連帯と共感の気持ちをお示したく、自分たちの絵を皆さまにお送りしますとともに、皆さまが、勇気と忍耐と希望を持てるようにと心をこめてお祈りしています。

 ベラルーシでも日本のために絵の展示会を行う予定にしています。

 チェルノブイリの事故を経験した私たちは、今日本が直面している状況のなか、皆さまがいかに勇気を持ってがんばらなければならないか、よくわかっています。

 親愛なる皆さまの悲劇は私たちの悲劇でもあります。生きること、将来のこと、お互いにがんばりましょう。

 新年を迎え、希望とともにおめでとうございますとお伝えいたします。

                                                                                                                          ベラルーシ美術学校の生徒を代表して
                                                                                                                                              チェルノブイリ子どもの会
                                                                                                                                        会長 ラリサ・チェルニーナ」

tegami_0105.jpg

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて