減災教育と自然災害発生後の教育支援educationsupportitem

女川町で就学支援奨学金の給付を開始しました

2013.03.21

春めいたうららかな日が続いています。この度、宮城県女川町でユネスコ協会就学支援奨学金の給付が始まりました。

震災から2年が過ぎた現在も東北の子どもたちのことを想い、募金をしてくださった全国各地の皆さまのお気持ちが奨学金という形になりました。


大きな地図で見る

女川町は、カキやホタテなどの養殖漁業やサンマの水揚げで有名な三陸の港町。学校は高台にあって大津波の被害を免れましたが、港のすぐ目の前にあった町の中心街が壊滅し、町役場や銀行、商店、駅も全て流失しました。

町の住宅の約7割が全壊・大規模半壊・半壊の被害を受け、今回奨学生となった子どもたちの多くがいまだに仮設住宅から学校に通っている状況です。

onagawa_0321.JPG

 この奨学金が親御さんの教育費の負担を和らげ、この春高校に進学する子どもたちの夢を後押しする力になればと思います。

町に掲げられている横断幕――

onagawa2_0321.JPG

 

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて