世界寺子屋運動terakoyaitem

ネパール寺子屋プロジェクト 最新報告

2021.10.29

平素より、世界寺子屋運動への温かいご支援をありがとうございます。

   

ネパールでは、2020年から新たに開始した南部の3郡23地域を対象に、新型コロナウイルスの影響を受けた子どもたちへの教育支援を最優先に、活動を続けています。

    

2020年の地域での調査を経て、新しいクラスが2021年4月からスタートしました(感染拡大による休止を経て、8月から再開)。インドと国境を接する南部の平原地帯(タライと呼ばれる)は、以前から学校に行っていない子どもが多い地域でしたが、コロナ禍の経済的影響による中途退学の増加や、長期間の休校による学習の遅れなどで、子どもたちへの教育支援の重要性が高まっています。

    

日本ユネスコ協会連盟は、就学前の子どもを対象とした幼稚園クラス、学校に通ったことのない子どもを対象とした小学校クラス、中学校クラスなどを行い、現在1,030人が学んでいます。

    

世界銀行によると、コロナ禍で学べなくなった子どもたちが、そのまま学習機会を得られないと、今の世界GDP10%相当の経済的なロスにつながるとの予測もあります。一人でも多くの子どもたちの学びにつながるよう、皆さまからの応援をよろしくお願いいたします。

幼稚園クラスの様子
小学校クラスのニーズは高く、当初の予定より多い29クラスを設置し、568人が学ぶ
中学校クラスも、コロナ禍による教育への影響を踏まえて20年度から新しく開始

    

 活動へのご寄付はこちら

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて