世界寺子屋運動terakoyaitem

【一杯のスプーン・報告】アフガニスタンの病院から

2022.02.14

政変から半年が経過したアフガニスタン・カブールの病院から、一杯のスプーンによる活動について写真を添えて報告します。

病院内の様子。現在も連日大勢の患者が集まる。

     

担当医師よりメッセージ:

「日本もコロナの感染拡大が厳しい中、支援を続けてくださりありがとうございます。

銀行からの現金引き出しは、今も週1度・預金額の5%という厳しい上限がありますが、少なくとも途切れずにできています。薬などの納入業者も、後払いに協力してくれます。

治安は良いとも悪いとも言えません。いつ何が起こるか誰にも分からないので。私としては、どちらかといえば良い方だと思っています。

経済状況は最悪です。食べ物も、仕事も、電気もなく、気候は今極寒です。それでも毎日のように、大勢の患者さんが雪の日でもたくさん見えます。早く、すべてが普通に戻ってほしいと願っています。」

レントゲン撮影
低体重児への食糧配布

   

アフガニスタンでは、通貨下落や物資不足によるインフレに見舞われています。病院から提供された物価リストによると、配布食糧にも入れている米・豆類・食用油・砂糖・ビスケットが昨年4月から今年2月で約40%上昇し、燃料に至っては2倍以上になっています。

    

教育活動の再開状況や、実際のタリバンの教育への対応を見極めるには、まだ時間がかかります。その間、一杯のスプーンでは、少しでも人びとが困難に立ち向かう心と体を支えていけるよう、活動を続けてまいります。

今後も、皆さまからの温かいご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて