世界寺子屋運動terakoyaitem

<アフガニスタン> 寺子屋で学ぶ女性たち

2011.10.28

terao.JPG

こんにちは、寺尾です。

今日は、バーミヤンの寺子屋を紹介します。

バーミヤンのハイダラバード村でも寺子屋運動が順調に進んでいます。

読み書き教室では6ヶ月間の基礎識字クラスが終了し、次のステップの識字後クラスが始まりました。女性たちは、家にいるよりも、設備の整った寺子屋に来て、仲間と一緒に勉強したいと言っているそうです。

 afugan_2011028.JPG

                                   寺子屋で学ぶ女性たち

寺子屋ではミシンを使った刺繍教室も運営されています。もうすぐクラスが終了しますが、生徒たちの裁縫技術はとても向上しました。クラスは2つあり、いずれも5~7人の女性たちが通っています。

afugan2_2011028.JPG

また、「アフガン地雷生存者協会」という団体が、寺子屋の入り口に手すり付きのスロープを付けてくれました。地雷で障害者になった人びとにも寺子屋に来て勉強してほしい、との思いからだそうです。手すり付きスロープは、寺子屋だけではなく、バーミヤンの高校と病院にも付けられました。アフガン社会の中でも、”思いやりの心”で相互扶助が進んでいる出来事に出会い、心から感動しました。

afugan3_2011028.JPG

                             寺子屋につけられた手すり付きスロープ

 ところで、来週、アフガニスタン・カブール事務所のアレフ・ハシミ所長が来日します。
11月9日(水)に東京で報告会を開催しますので、皆さんぜひいらしてください。現地の最新情報をお届けします。詳しくはこちら

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて