世界寺子屋運動terakoyaitem

全富士通労連さんの「寺子屋協力隊活動」 in Cambodia

2012.04.19

 

kimura.JPG

こんにちは、教育文化事業部の木村です。
先日カンボジア出張から戻ってまいりました。
乾季も終わりに近づき、カンボジアは今最も暑い時期に差し掛かっています。
太陽の下に身をさらすだけで汗が噴出してくるそんな気候の中、
2006年からアンコール寺子屋プロジェクトをご支援くださっている
全富士通労働組合連合会(以下”全富士通労連”)の皆さんが
カンボジアに「寺子屋協力隊」として足を運んでくださいました。

1204_cambodia1.JPG
 
4月4日、全富士通労連の皆さんは、寺子屋の開所式典を2日後に控えた
アンコールトム郡スヴァイチェックコミューンのタトラウ村を訪問しました。
そこでお手伝いしてもらったのが、寺子屋の玄関にあたる正面広場の
整地作業、寺子屋を囲うフェンス作り、さらにマンゴーの植樹です。

タトラウ村に到着すると、寺子屋運営委員会のメンバーたちが
「寺子屋協力隊」の到着を温かく出迎えました。
 
1204_cambodia2.JPG

互いの自己紹介を終えると、早速作業の始まりです。
「寺子屋協力隊」メンバー23人と集まった50人ほどの村人たちは、
2つのグループに分かれ、まずは整地作業とフェンス作りの作業を行いました。
村の人たちの動きを模範に、手際よく作業を進めるメンバーたち。
皆さん、もちろん汗だくです。
 1204_cambodia3.JPG

整地作業が終わり、フェンスがきれいに仕上がると、
待ちに待ったマンゴーの植樹です。

1204_cambodia4.JPG

マンゴーはカンボジアの言葉で「スヴァイ」といいますが、
実はこの村の位置するコミューンの名前は「スヴァイ・チェック」。
直訳すると「マンゴー・バナナ」というフルーツ色たっぷりのコミューンです。

この地域は昔からマンゴーがよく育つ場所として有名だったそう。
3年後には立派に育った樹から、美味しいマンゴーを収穫できることでしょう。

1204_cambodia5.JPG

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて