世界寺子屋運動terakoyaitem

ミャンマー最新報告

2021.04.30

さまざまなメディアで報じられている通り、現地では2月1日の軍事クーデター以降、情勢の悪化が続き、事態の鎮静化の見通しは立っていません。

   

当連盟では継続してパートナー団体と連絡を取り、関係者の安全確認など情報の把握につとめています。スタッフを通じた各地域の教員や学習者の安全確認は、およそ週2~3回の頻度で行っています。

   

世界寺子屋運動対象地は、地域の都市部から遠く離れた郊外の農村部にあり、関係者は無事とのことです。 20年度継続教育プログラムは、2月中は休みを挟みながらも、全てのクラスで第1学期の授業を終えることができましたが、その後は休止しています。

現地の代表は「何とかスタッフと連絡をつけている」、「落ち着いたらすぐに活動を再開し、コロナ禍から続く教育の遅れを取り戻したい」と話していて、その時が来るのを待ち望んでいます。

    

当連盟では、今後も現地との連絡を続けながら、私たちにできる支援を模索してまいります。皆さまからのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2018年2月、日本からの訪問者にダンスを披露する当時の学習者。
一日も早く、笑顔で過ごせる日々が戻ることが待たれる。

※本記事では、関係者の安全を考慮し、個人名や具体的な地域名は伏せて記載させていただいています。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて